4/11:買い付け旅行に伴う、臨時休業のお知らせです。

買い付け旅行に伴い、以下の期間、店舗を臨時休業させて頂きます。
帰国後の5/14(日)から通常営業となります。
この期間にご来店を予定されているお客様は、ご注意頂きますよう、
お願い申し上げます。

4/12(水)〜5/13(土)臨時休業
5/14(日)通常営業(12:30〜20:00)

RUBBERGARD RECORD

4/7:新入荷LPの紹介です。

Julio Pimentel/Kriya Instrumental
(Independente)[SOLD]

Carioca & Convidados/Ciranda
(Continental/1983)¥6480

Carmoからも作品を出していた、ユニークなギター/バンドリン奏者Cariocaの83年作。8弦や10弦など特殊ギターを駆使した隙間を生かしたアレンジはそのままに、より幅広く親しみやすい味わいのこちらも必聴作です。女性と呪術的なコーラスが交錯するブラジリアン・フュージョン”Monte Aprazivel” 、Sexteto Do Becoあたりを想起させるスピリチャルなJazz-Waltzの”Arco-Iris”あたり良いです。ジャケ薄いスレ、汚れ、角折れ、右上Promo刻印。盤には薄いスレ程度、再生はまずまず良好です。

Dharana/Same
(Natale/1987)[SOLD]

Grupo De Percussao Do Instituto De Artes Do Planalto/Unesp
(Estudio Eldorado/1986)[SOLD]

Wagner Tiso/Baobab
(Philips/1990)[SOLD]

Ulisses Rocha/Casamata
(Som Da Gente/1989)[SOLD]

Uakti/II
(Barclay/1982)¥4500

ブラジル先住民の伝説からグループ名を取ったミナス出身のインストゥルメンタルグループ。その名の通り、伝統的な楽器と演奏スタイルを租借しながらも、クラシックを学んだメンバーの音楽的造詣の深さ、加えて音響的な面白さから、凡百のトラッドとは一線を画するサウンドが形成され、近年ではアナログユーザーにも人気高まるグループです。本作は82年リリースのセカンド。同時期のGismonti/Carmoレーベル作品を彷彿とさせる”Passo Da Lua”、マリンバのアンサンブルがユニークかつミニマルな”Marimba D’angelim”など。ジャケスレ、汚れ、角スレ。盤にはごく薄いスレ程度で再生良好です。

Priscilla Ermel/Saber Sobre Viver
(Timbre/1985)¥5500

サンパウロの女性ギタリスト・コンポーザーPrisilla Ermelの初期作品。Jazzの手法を用い、ブラジル先住民族をテーマにした作品を発表している彼女ですが、本作は90年以降の作品と比べ、よりプリミティヴな味わい。シンセやSEを多用した、音響的でミニマルな手法、またAfro-Brasileiro色もチラホラあり、近年のブラジル系インストのトレンドが余すところなく盛り込まれた秀作です。近年、彼女の作品は全体的に人気高まってきています。ジャケ薄いスレ、リングウェア、薄いよれ。盤にはごく薄いスレ程度で再生良好です。

4/4:新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Japanese-LPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・telより承ります。
明日4/5(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

森山威男カルテット〜向井滋春/ハッシャバイ
(Union/1977)[SOLD]

大野俊三/Bubbles
(Eastwind/1977)[SOLD]

Hiro Takada Solo/Trio/Quartet/Memories Of B.L.T.
(VMP/1983)¥2980

原田政長トリオに在籍後渡米、バークリーに学び後にLAを中心に活動したピアニスト。本作は帰国時に録られた恐らく最初のリーダー作で、Side-Aがソロピアノ、Side-BはトリオOr+ワンホーンのクァルテット編成。美しいワルツ”Soon!”、スピーディ−な表題曲B-1良いです。インディ作品故、あまり見かけないLPです。帯恐らくもともとなし、ジャケごく薄いスレのみ。盤キレイです。当時の宣材(ライナーノーツコピー)付属。

鈴木良男/Fairy Tale
(JVC/1987)¥2700

鈴木のLate80’sの作品の中でも人気高い87年作。深遠で牧歌的な美しい表題曲A-1、各プレイヤーの速いパッセージのソロ回しが印象的な”Spring Samba”、”The Prelude”、ソリッドなjazz Dancer”Metro X”他収録。パーソネルは内田浩誠 (p)/Cecil Monroe (ds)/秋山一将 (g)/井上淑彦(ts,ss)。帯なし。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ、左上シール、右上見本盤シール添付。盤なかなかキレイです。

今津雅仁/ホワッツ・ア・メロディ?
(Fun House/1990)¥2300

神戸出身のサキソフォニスト、今津雅仁90年リリースのメジャーからの2枚目/通算5作目。全曲自作曲で固めたワン・ホーン作品です。某Mixにも収録されたダンサブルな”Spring Tide”収録。アナログは初回限定の180g重量盤です。帯薄いスレ、ごく小さな切れ、結合部分折れ。ジャケ薄いスレ、汚れ。ライナー薄い汚れ。盤キレイです。

早稲田大学ハイ・ソサエティー・オーケストラ/小さな箱の中で
(King/1979)¥1400

日本のカレッジ・ビッグバンドの中でも最も知られる名門ハイ・ソサエティー・オーケストラ。前LP”ハイ・ウェイ”が評判になり、モントルー・ジャズ・フェスに出演、それを受けて企画された”カレッジ・ビッグ・バンド・シリーズ”の一枚が本作です。鈴木宏昌の書き下ろし曲で、ピアノの静かなイントロからめくるめくスリリングな展開を見せるグルーヴィーな”小さな箱の中で”が素晴らしい。帯ナシ。ジャケ薄いスレ、汚れ等。ライナーごく薄い焼け。盤キレイです。

宇江須文左衛門Group/カレイド・スコープ/Dual Cosmos
(LLE/1982)¥3450

アヴァンギャルド系音楽雑誌”マーキー・ムーン”のディストリビューションによる宇江須文左衛門Groupと、カレイド・スコープによるスプリット盤。両者とも本格的なプログレ/ジャズロックバンドで、特に宇江須〜名義の、シンセ飛び交う先鋭的なFree Jazz”Dizzy”、カレイド〜名義のGroovyな”Empty Storm”が素晴らしい。帯スレ、小さめの切れ、折れ等。ジャケスレ、汚れ、底抜け補修跡。ライナーおそらくもともとなし。盤なかなかキレイです。

佐藤奈々子/Sweet Swingin’
(Blow Up/1977)¥3240

慶応大学在学中に知り合った佐野元春と曲作りを始め、77年”ファニー・ウォーキン”でデビュー。本作はその流れを汲む2枚目のアルバムで、全曲佐野元春との共作。メロウな”フェアウェル・パーティー”、”オリーブの風”、オールド・タイミーな”イヴの月の上で”他、同時期のUS女性シンガー、例えばヴァレリー・カーターやリッキー・リー・ジョーンズらと近似値なフェミニンな作風がこの時代の空気感を内包していかにもイイ感じ。帯&ジャケスレ、汚れ、背表紙付近色抜け。ライナースレ、汚れ。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

パシフィック・ジャム/Same
(Disco Mate/1981)[SOLD]

3/31:新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian SoulのLP&7inchを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telにて承ります。
週末のご来店をお待ちしています。

Carlos Dafe/Pra Que Vou Recordar
(Warner/1977)[SOLD]

Ed Motta/Entre E Ouca
(Warner/1992)[SOLD]

Cesar Costa Filho/Seu Preco/Vermelho E Branco
(Continental/1978)[SOLD]

Hyldon/Para Sempre/Rio De Janeiro-Brazil
(CBS/1978)[SOLD]

Brylho/Same
(Elektra/1983)[SOLD]

Luiz Melodia/Nos
(Warner/1980)[SOLD]

Isolda/Same
(RCA/1979)[SOLD]

3/28:新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian InstrumentalのLPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telにて承ります。

明日3/29(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Marco Bosco/Metalmadeira
(Independente/1983)[SOLD]

Uakti/Mapa
(Visom/1989)[SOLD]

Nivaldo Ornelas/MPBC
(Philips/1978)¥6480

Hermeto一派のサックス・フルート奏者Nivaldo Ornelasの処女作。レーベルメイトのRobertinhoやミナス系メンツなど、巨匠達も多数参加、なによりHermeto道場出身者らしい仕掛けがそこかしこに散りばめられたユニークな作品になっています。特にミナス・マナーの浮遊感あるパートから一転、ブルージーなジャズ・パートに展開するNinfas、アコースティック楽器の広がりを生かした牧歌的な”Sorrisos De Uma Crianca”、女性Vo&コーラスをフィーチャーしたFolk Rock調のワルツ“Cidadela”あたり面白い。エンボスジャケ初期プレス。ジャケ軽いスレ、汚れ等。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

Djalma Correa/Baiafro
(Philips/1978)[SOLD]

Glauco Sagebin/Alto Cumbia
(MPA/1985)[SOLD]

Andre Geraissati/Dadgad
(Warner/1988)¥3860

Egberto Gismontiのツアーメンバーとしても活動したギタートリオGrupo D’almaの中心人物の4th-LP。タイトル通り全曲スティール弦のDADGADチューニングでプレイしたブラジル器楽系作品としては異色の一枚。独特の浮遊感とソリッドな音像を有したシンプルなサウンドで、ECMのファンなどにも聴いて頂きたいLPです。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ。盤には薄いスレ、ヘアライン程度で再生はなかなか良好です。

Wagner Tiso/Trem Mineiro
(EMI/1981)¥3860

Milton NascimentoのClube Da EsquinaやSom Imaginarioのメンバーとして、また数多のMPB/インスト作品で重用されたミナスの鍵盤奏者Wagner Tisoの通算3枚目。良く言えば独創的、悪く言えば頭でっかちな印象の70年代の諸作と比べ、サウンドのトータリティーが飛躍的に増した80年代の最初の作品です。近年人気高い盟友Milton作「O Passaro」を収録し、今日では彼の代表作と言える一枚です。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ。インナー軽い汚れ。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

3/24:新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilain Soul/Funkの7inchを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telにて承ります。
週末のご来店をお待ち申し上げます。

Equipe Radio Cidade/Bons Tempos-Sao Paulo/Instrumental
(EMI/1980)[SOLD]

Regininha/Lá Vou Eu
(Continental/1979)[SOLD]

Cornelius/Eu Perdi Seu Amor/Nao Consigo Te Esquecer
(Continental/1978)[SOLD]

Espelho Magico/Bola De Cristal/Rapte-Me, Camaleoa
(Polydor/1984)[SOLD]

Junior Mendes/Entao Ta/Do Oiapoque Ao Chui
(RGE/1984)[SOLD]

Fabio/Olhe Fundo Pra Mim/Livremente
(EMI/1984)[SOLD]

Gay Vaquer E Seu Fieis/Sem Seu Amor/Disco Pode Ser Cultura
(Philips/1976)[SOLD]

Sueli/Voce/Ferias Na Praia
(Bevery/1973)[SOLD]

3/21:新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian AORのLP&7inchを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telにて承ります。

明日3/22(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Jon Lucien/The Shadow Of Your Smile/Come With Me To Rio
(Som Livre/1983)[SOLD]

Michael Sullivan/Same
(K-tel/1979)[SOLD]

Eduardo Franca/Menina Do Suburbio
(Philips/1977)[SOLD]

Jorge Vercilo/Encontro Das Aguas
(Continental/1994)[SOLD]

Jane Duboc/Same
(1982)[SOLD]

Sergio Coelhao/Biscateiro De Emocoes
(Master/1984)[SOLD]

Marcos Sabino/Iluminar
(Polydor/1983)¥3860

O Circoに参加後ソロに転身、幾つかの作品を残すRIoのSSWの2nd-LP。US西海岸ライクなサウンドで当店では1st同様、AORファンに人気高い作品です。静かなインタルードから、4つ打ちのミディアムダンサー”に展開するDe Qualquer Maneira”、コーラスの効いたブライトな”Te Quero”あたりはBrazilian Soulファンにもいけます。ジャケ薄いスレ、リングウェア。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

Cauby Peixoto/Estrelas Solitarias
(Som Livre/1982)¥2700

2016年に惜しくも死去されたSao Paulo出身のシンガーCauby Peixoto82年作。50年代から活動を始め、Bossa Nova/Jazz/Rockなど幅広いレパートリーを持つ彼ですが、今作はLincoln Olivetti/Robson Jorge/Cesar Mariano/ Jamil JoanesやBanda Black RioのOberdaoなど洗練されたメンツをバックに起用した、大人のためのVoアルバムになっています。全編メロウでゆったりしたトラック揃いで、当店では以前よりAORファンにピックアップされるLPです。タイトなリズムアレンジと、深遠なユニゾンコーラスの絡みが絶妙な”Entao Ta”、中盤鮮やかに展開する”Fenix”、エレピたゆたうIvan Lins作”Historia De Amor”あたりが注目曲。ジャケ軽いスレ、リングウェア、角&フチスレ。ライナー軽いスレ、よれ。盤には薄いスレ程度で再生なかなか良好です。

3/17:明日3/18臨時休業のお知らせと新入荷商品の紹介です。

明日3/18(土)は都合により臨時休業致します。
ご来店を予定されているお客様はご注意頂きますようお願い申し上げます。
翌3/19(日)は通常営業となります。

新入荷商品の中から、Japanase/City Popの7inchを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telより承ります。
日曜日以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

高橋玲子/サンセット・ロード/September Blue
(Victor/1987)[SOLD]

中野知子/裏を返せば/マイ・クール・サマー
(Minoru Phone Records/1979)[SOLD]

藤原真人/ニューヨーク・シティ・セレナーデ/いさかい
(Kitty/1982)[SOLD]

クールス/センチメンタル・ニューヨーク/風が変わる前に
(Trio/1977)[SOLD]

中村祐介/夢商人/September Sail
(Kitty/1984)[SOLD]

古川真一/アンダンテ/クール・ロマンティック
(Sony/1987)¥2160

“スケッチ・オブ・マインド”が近年人気高まる、古川真一のLPの翌年のNot On LP。”クール・ロマンティック”はLPにも収録されていないクオリティの、大人のためのCity Pop名曲。ジャケ薄いスレ、右上シール剥がし跡。盤キレイです。

松本彩/Tokyoわがまま娘/Party Night
(King/1989)[SOLD]

ソルティ・ドッグ&ユキ・カツラギ/ロンリー・ミッドナイト/ファンキー・ユウ
(Radio City/1980)[SOLD]

川口雅代/ピリオド/Melty
(For Life/1982)[SOLD]

大村憲司/けんじの春がいっぱい
(Alfa/1981)¥1500

大村と坂本/幸宏の共同プロデュースで、New Wave〜テクノ路線にシフトしたLP”春がいっぱい”からのシングルカット。LPのハイライト曲の一つ、ちょっとハワイアントラッドみたいなShadowsのオリジナルを、のんびりメロウなテクノポップに仕立てた”Spring Is Nearly Here”はシングルEditされたVerです。ジャケ薄いスレ、軽い汚れ、角折れ。盤きれいです。