2/28:新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、各ジャンルLPをピックアップして紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

週末のご来店、ご質問をお待ちしています。

Marco Bosco/Metalmadeira
(Independente/1983) ¥23100

Egberto GismontiのレーベルCarmoから人気作”Fragmentos Da Casa”をリリースする打楽器奏者Marco Boscoの、先述作の前作にあたる83年作。人気の欧州産Brazil器楽系コンピ”Outro Tempo – Elctronic and Contemporary Music from Brazil, 1978 – 1992″にも収録された、Luli E Lucinhaをフィーチャーした土着的な”Madeira II”、ヴォコーダーの効いたダンサブルな”Metal II”を筆頭に、民族音楽のプリミティヴさと、粒だった音像の先鋭的なミニマルミュージックの要素が同居した、この手のブラジル器楽系の中でも最高峰の内容を持った傑作です。ジャケ軽いスレ、汚れ。インサートカビ汚れ。盤キレイで再生良好です。

Marcos Valle/Same
(Som Livre/1983) ¥13200

大手レーベルからは最後の作品となる83年作。内容は時代を見据えた出来の良いElectro-Soul/Funkが並ぶ良作です。近年人気高いミディアム・ブギー”Estrelar”ばかりがピックアップされますが、他にシンセベースの効いた2-Stepチューン”Naturalmente”、広がりあるメロウフローター”Tapa No Real”などの他、Samba De Varaoの16BeatカヴァーA-3、口笛から始まる幻想的な”Fogo Do Sol”も収録、Brazilian Soul〜MPBと幅広い層にオススメです。ジャケスレ・リングウェア、汚れ等。インサートごく薄いスレ。盤なかなか綺麗、再生はなかなか良好です。

Toninho Horta/Same
(EMI/1980) ¥6600

一枚目から殆ど間をおかずリリースされたセカンド。Clube Da Esquinaの連中やパット・メセニー参加で、現在の作風のプロトタイプと言える楽曲が詰まった名作。代表曲の一つと言えるミナス賛歌のAqui Oh!、デビュー作のオムニヴァスLPの再演となる牧歌的で美しい唄もの”Manoel O Andaz”、クロージングに相応しい、Toninhoの儚いスキャットが映える、美しい小品”Vento”収録。EMI初期プレス。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ。インサート薄いスレ、汚れ。盤にはごく薄いヘアライン程度、盤面には経年感薄く、再生は良好です。

Paulinho Tapajos/Same
(RGE/1974) [SOLD]

Fogo Baiano/Nada De Cor Nas Peles
(Copacabana/1988) ¥5800

現在も活動を続けるバイーアのダンスバンドFogo Baiano88年の1st-LP。近年人気を博したコンピ”Onda De Amor: Synthesized Brazilian Hits That Never Were (1984​-​94)”収録のシンセブギー”O Fogo Do Sol “、近年人気が復権しつつあるシンセ使いの80’s Reggae”Revelacao”あたり良いです。ジャケ薄いスレ、軽い汚れ、左上シール跡。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Antonio Adolfo/Conexões
(Artezanal/1987) ¥4400

アドルフォ自身の自主レーベルArtezanalからの87年作。タイトル通りサマーブリージンなMellow Fusion”Notícias De Verão”、エレクトロ風味のHalf-Time-Shuffle-Beatにリアレンジされた自身の代表曲”Teletema(Vo入りとインスト両方収録)"など、シンセやプログラミングをフィーチャーしつつ、オーガニックな味わいも醸す好トラック揃い。ジャケ薄いスレ、盤には薄いスレのみで再生良好です。

Bebeto/Tempo’s
(Polydor/1987) ¥3960

日本ではあまり見かけない87年作。ダンサブルな”Balancou”、”Depois Da Festa”、”Desejo Louco”など典型的なBebeto節のトラックも、時代のエレクトロ感を纏った今っぽいアレンジがされています。Good Mellow”Deia”、こちらもシンセがいい鳴りのReggae”Tempo’s”なども良く、今なら全盛期の諸作よりおすすめできます。ジャケ薄いスレ、汚れ、しわ。インサート汚れ。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

2/26: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Jazz/InstrumentalのLPを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。
本日2/26(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Sexteto Do Beco/Same
(Independente/1980) ¥38500

内容の良さとレアリティーで知られるBahiaインディからの傑作スピリチュアル・ジャズLP。同グループの女性ヴォーカリストAndrea Daltroの人気ソロでも再演されている2曲、美しいワルツの”Flutuando”、Andreaの扇情的なスキャットの効いた”Kiua”他、マイナー盤とは思えない洗練とミュージシャンシップの高さをうかがわせるソフトスピリチュアルな快演揃い。ジャケ軽いスレ/汚れ、リングウェア。インサート汚れ、折れ、しわ。盤には薄いスレ、ヘアライン程度、再生はなかなか良好です。

Billy Harper/Capra Black
(Strata-East/1973) ¥6600

Gil Evans/Max Roach/Lee Morganなど歴戦のレジェンド達との共演も知られる、テキサス出身のテナー奏者ビリー・ハーパーの初リーダー作。同レーベルらしい重厚なSpiritual Jazz作品で、深遠なゴスペルコーラスを配したDeepな”Soulfully, I Love You / Black Spiritual Of Love”、”Cry Of Hunger!”をはじめ、トータルで素晴らしいです。SES-19793/US Press。ジャケ薄いスレ、汚れ、左上角と右下角から取り出し口あたりに強めのスレ。盤にはA-1中盤にごく薄いプレスミス?わずかにノイズ出る箇所あります。

Polly Bradfield/Solo Violin Improvisations
(Parachute/1979) ¥7700

John ZornやEugene Chadbourneとの共演も知られる、NYの女流ヴィオロニストPolly Bradfield79年の1stソロ。全編ノコギリ音を模したノイジーな無伴奏の演奏、敬愛するCecil Taylorの世界観を彼女なりに体現したと思しき、フリーフォームでアヴァンギャルドな名作です。ジャケシュリンク破れ、ノーカット、薄い汚れ、取り出し口に僅かな傷み。盤質はなかなか良好です。

Perigeo/Azimut
(RCA/1972) ¥5830

Soft MachineやNucleusなど、UKのグループの系譜上にある伊Jazz Rockグループ72年の1st。サイケロックやFree Jazzの要素もあり、Beatはソリッド&ファンキー、先述バンドのようにDJやトラックメイカーにも昔から知られる一枚です。7拍子の美しい表題曲B-1、浮遊感に満ちた”Aspettando Il Nuovo Giorno”あたりリコメンド。RCA-PSL10555/溝なし。ジャケ薄いスレ、軽い角&縁スレ。盤にはごく薄いスレ程度、再生良好です。

Kim Kristensen/Aner
(Olufsen Records/1990) ¥4620

実験性に富み、無国籍感覚に満ちた名グループOcean Fablesの中心人物だった、デンマークの鍵盤奏者Kim Kristensen最初のソロ作。グループ時代のサウンドをさらに推し進めたような、幽玄かつ深遠な快作。トリオ+ワンホーンによる一級のスピリチャル”Oceaner”はじめ生音メインのSide-Aに対し、サンプリングされたエキゾチックな打楽器類がドローン的効果を生む、ドープな音像の”Musik Fra En Brønd”、クロージングに相応しいシンセ浮遊する小品”Vox Futura”ら実験的なSide-Bどちらも素晴らしい。デンマーク盤。ジャケ薄いスレ、汚れ。盤なかなか綺麗。

Jan Reimer/Talking Pictures
(Mood Records/1990) ¥3300

独ギタリストJan Reimer90年の4th-LP。ギターのボディを打楽器のように叩いたり、弦をスラップしたりと、ユニークな奏法を用いつつ、各楽曲はヴァーサイタルかつ練られているカラフルで美しいトラック揃い、決して一本調子に終わっていないのが今作の価値です。深遠でノスタルジックな”Modern Pulse”、希薄な調性が浮遊感生むトロピカルな”Go Steamboat Go”、6/8拍子のアフロビートに、フラメンコ風ギター、Voice系シンセがカラフルに舞う表題曲B-4など全編素晴らしい。ジャケ薄いスレ、リングウェア。盤なかなか綺麗です。

Andre Geraissati/7989
(Warner/1989) ¥3300

Egberto Gismontiのツアーメンバーとしても活躍したギタートリオGrupo D’almaの中心人物Andre Geraissati89年の5th-LP。独特の浮遊感とソリッドな音像を有したシンプルなサウンドで、ECMのファンなどにも聴いて頂きたいLPです。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ、角スレ。 インサート軽いスレ、リングウェア。盤にはごく薄いスレ程度で再生はなかなか良好です。

2/21: 新入荷商品の紹介です。

入荷商品の中から、Brazilian LP&7inchを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

連休中のご来店をお待ちしています。

Tom Ze/Todos Os Olhos
(Continental/1973) [SOLD]

(Helio) Matheus/João Amem / Yemanjá
(Copacabana/1971) ¥18700

Helio MatheusのLP以前のセカンドシングル。”Yemanjá”は、華麗なストリングスとパーカッシヴなビートが気持ちいい、いかにも彼らしいブライトなAfro-Samba-Soul。ラベルスタンプ押。盤にはごく薄いスレのみ、経年感薄く、再生良好です。

Deo Lopes/O Zé Da Minha Rua / Terra Que Terra [Cultivar é Preciso]
(CID/1980) [SOLD]

Regininha/Me Ajuda Que A Voz Não Dá!!!
(Polydor/1969) [SOLD]

Joao Caetano/Same
(Independente/1982) ¥7700

Ivan Linsが全面的に制作に関わったRioのSSW Jaao Caetano恐らく最初のLP。Ivanの幻想的なコーラスが美しい”Triste Papel”、Ivan得意の転調が決まった”Mascate"、Funkyなベースラインがカッコいい”Docura”など特にIvanが深く関わったトラックが注目曲。ジャケ薄いスレ、リングウェア。インサート軽い汚れ。盤にはごく薄いヘアライン程度、再生良好です。

Os Abelhudos/Os Caçadores De Aventura
(EMI/1989) ¥5830

キッズグループOs Abelhudos89年の最終作。Soundwayからのシンセ〜New Waveコンピ”Onda De Amor”にピックアップされたElectro Boogie”Contos De Escola”収録盤です。ジャケごく薄いすれ。インサート薄い汚れ、折れ。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

2/18: 新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LP/7inchを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

明日2/19(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

O Trio 3-D/Convida
(RCA/1965) [SOLD]

Jon Lucien/The Shadow Of Your Smile/Come With Me To Rio
(Som Livre/1983) ¥14500

Jon Lucien唯一のブラジル録音となる83年のシングルオンリー。Lincon Olivetti/Robson Jorgeのプロダクションという事もあり、近年高値で取引される一枚です。”Come With Me To Rio”はいかにもOlivetti X Lucienといった感じの洗練されたメロウ・ミディアム・ブギー/AOR良曲。ジャケ軽いスレ、リングウェア、ふちスレ。盤には薄いスレ程度、再生なかなか良好です。

Robson Jorge & Lincoln Olivetti/Same
(Som Livre/1982) [SOLD]

Sergio Moreira/Same
(Bemol/1985) ¥6600

ミナスのSSW Sergio Moreira85年の1st−LP。”Lua De Armstrong”始め牧歌的で浮遊感ある所謂ミナス系MPBトラックで固めたSide-Aに対し、ホーンアレンジが秀逸なソウルフルなBlue Eyed Soul”Garra E Sentimento”、パッカッションブレイクとVoのパートから、エモーショナルなBoogieパートに展開する”Cafuso”、ハンドクラップと呪術的なコーラス?とSergioのVOのみで録られたプリミティヴな”Mistica”などヴァラエティに富んだSide-B、どちらも素晴らしいです。ジャケ軽いスレ、汚れ、リングウェア、書き込み(シグネイチャー)インサートやけ、汚れ、しわ。盤にはごく薄いスレのみで、再生良好です。

Djalma Dias/La Eu Nao Vou/Por Causa Desse Nao Sei, Chorei…
(Odeon/1968) ¥5500

Som Livreのノヴェラサントラでの歌唱で知られる黒人シンガーの4曲入りコンパクト。全曲、彼の男前な歌声が生きたポップボサチューン。全曲オリジナルLPには未収の模様。ジャケはOdeon袋ジャケで多少の経年感あるものの、大きな破れ等なし。盤には軽めのスレ/小キズ等あるものの、再生はまずまず良好です。

Ivan Lins/Somos Todos Iguais Nesta Noite
(EMI/1977) [SOLD]

Grupo Nymphas/Same
(Ambrequim/1982) ¥4400

マイナー版Quarteto Em Cyといった感じの、クリチバの女性コーラスグループの最初のLP。バロック調あり、オールドタイムありとヴァラエティーに富んでいて聴きごたえあり。冒頭パーカッシヴなBREAK入りの”Novo Amor”、ニュアンスに富んだJAZZYなFolk Rock”Acalanto”あたりリコメンド。ジャケ薄いすれ、汚れ、インサートすれ、汚れ。おそらくデッドストック盤で、盤なかなかキレイ。

2/14: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、各ジャンルLPをピックアップして紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

週末のご来店をお待ちしています。

 

Saul Barbosa…ETC…/Auto Do Descobrimento
(Universidade de Santa Cruz/1981) ¥12100

聖母D’Ajudaの饗宴の巡礼を通じ、ブラジル建国の歴史を紐解く、サルバドール産のドキュメンタリー映画”Auto Do Descobrimento”のサウンドトラック。ギタリストとしてクレジットされているSaul Barbosaがサウンドの鍵を握っていると思われ、この手のサントラとしてはかなりモダンなトラックを多数収録、近年人気盤になっています。浮遊感に満ちたコーラスパートから、中盤Groovyに展開する”Tema De Negro”、Saulが1st-LPで再演した美しいワルツ”Sao Jorge Dos Iheus”、Jazzyなモダン・フォルクローレ”Tema Do Bandeirante”あたりがおすすめ曲。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ。インサート汚れ、1cm 程度の切れ。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

試聴は、Tema Do Bandeirante〜Tema De Negroです。

Tim Maia/Same
(Polydor/1972) ¥8800

初期のNorthern Soulテイストを残しつつ、この時代のUS New Soul的洗練を見せ始めた72年の3rd-LP。昇るクロスオーヴァー”My Little Girl”、”Razao De Sambar”がそのタイプのイイ曲です。Polydor Gatehold初期プレス/Stereo。ジャケごく薄いスレ、汚れ、シール添付、裏面取り出し口にわずかな切れ。盤にはごく薄いスレのみ、再生良好です。

Bruno Nicolai/Allora, Il Treno
(Edipan/1975) [SOLD]

Adriana Calcanhoto/Senhas
(Columbia/1992) [SOLD]

Christian Chevalier & Allan Feanch/Flash Resonance: Light Breeze
(Charles Talar Records/1982) [SOLD]

Coeur Magique/Wakan Tanka
(BYG Japan/1971) ¥3850

のちにMagmaに参加するギタリストClaude Olmos率いるグループの唯一作。東京キューバン・ボーイズがカヴァーした”Wakan Tanka”はじめ、欧州らしいGroovyなAfro Jazz- Rockを展開、他にはクラーベのBreakから入る爽快なFunky Rock”Le Cocotier (Part 1)”、メロウでレイドバックした”Ellocia”あたりがおすすめ曲。日本盤。ジャケ薄いスレ、汚れ。盤にはごく薄いスレのみで、再生はなかなか良好です。

William Odell Hughes/Crusin
(Wenha/1981) ¥3850

Wendell Harrison参加の、デトロイトのシンガーWilliam Odell Hughesおそらく唯一のLP。同時期のHarrisonぽいイナたいMid Boogie”Crusin”、ピアノが美しいメロウフローター”Where Am I”、P-Funkマナーの猥雑Funk”Super-Funk-A-Ga-La-Listic-Freak”、昇るスロー”I’ve Got Love On My Mind”あたり良いです。ジャケノーカット、シュリンクやぶれ。盤にはごく薄い紙スレ程度、再生はなかなか良好です。

Henri Guedon Congress/Africanissimo
(Epic/1978) ¥3520

フランス領アンティルのマルティニーク出身、当地のモダンミュージックを牽引した打楽器奏者Henri Guedon のグループ名義の78年作。ポリリズミックな伝統リズムGuaguancoにコズミックなシンセが絡みつく”Synthe’Guaguanco”、”Liaspo Ya M’Bonda”、デッドなビートがひたすら気持ちいいAfro-Samba”Macak’ Malin”など、中南米〜NY Salsa〜French Caribian〜Afroまで飲み込んだ、凡百の土着音楽とは一線を画するユニークなトラック揃いの人気作です。フランス盤。ジャケ薄いスレ、角スレ。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Domingo Cura/Virtuoso
(RCA/1973) ¥3300

Astor PiazzollaやGato Barbieriなど、自国のレジェンド達との共演でも知られる、アルゼンチンの異端打楽器奏者Domingo Curaの72年”Domingo Cura (Vol. II)”のジャケ違い日本盤。ウルグアイのカンドンベにも通じる土着と革新の狭間を行くリズム感覚、JazzやSalsa、Brazil音楽から中近東音楽に至るまで、様々な音楽の要素を肉体化するセンス、そして音響的なユニークさも併せ持つ、素晴らしいトラック揃い。アラビアントラッドのDomingo流解釈”Ain Exrin” 、クイーカ使いのBatucada”De Paso Do Brasil”、複数の打楽器のタイトでポリリズミックなビートにSax&Fluteが絡む”Mincura “など収録。ジャケ一体帯スレ、折れ、しわ。ジャケ薄いスレ、軽い汚れ。盤綺麗です。

2/10 :新入荷LPの紹介です。

明日2/11(火)の祝日に合わせて、一日前倒しで新入荷の更新をします。

本日は新入荷商品の中から、Japanese-LPを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

明日のご来店をお待ちしています。

土岐英史/Xing For Sounds
(Xing By Scoop) [SOLD]

日向敏文/夏の猫
(Alfa/1986) ¥7800

卒業後に渡英、のちにバークレーに学び、80年代半ばには数多のテレビドラマ、CM音楽を手掛けた作曲家日向敏文。今作は、Music For Memoryからリリースされた日向のベスト的コンピ”Broken Belief”でセレクトされた人気曲”新しい遊牧民”を収録した、86年のセカンドLP。日向男女7人夏物語”の挿入歌”異国の女たち”も今聴くとなかなかな、アンビエント風味の好曲です。帯つき。ジャケ、盤共にコンディション良好です。

山下達郎/僕の中の少年
(Moon/1988) [SOLD]

久保田麻琴と夕焼け楽団/ディキシー・フィーバー
(Show Boat/1977) [SOLD]

瀬戸龍介/五六七=Miroku
(Zen/1979) ¥3520

EASTの中心人物、瀬戸龍介の最初のソロ作。同バンドのサウンドを発展させた、琵琶、尺八、箏、太鼓、鼓、といった和楽器と瀬戸のギター始め、ベース、ドラム、シンセといった西洋楽器を融合させたオリエンタルなPre Fusion作品。元トワ・エ・モアの白鳥英美子の深淵なスキャットが美しいエクスペリメンタルチューン”天女の森”、金属弦の琴とローズの絡みが絶妙なゆったりメロウな”桃源郷”、アグレッシヴな尺八と流麗な弦アレンジが効いた、タイトル通り5〜6〜7拍子に展開するインスト”五六七”あたり今聴いても新鮮。帯なし。ジャケ薄いスレ、汚れ。インサート薄い焼け。盤にはごく薄いスレのみで再生はなかなか良好です。

中川昌三/タッチ・オブ・スプリング
(JVC/1988) ¥2860

佐藤允彦制作の、フルート奏者中川昌三セカンドLP。タバコのCMに起用された表題曲A-1始め、クラシック曲をジャズアレンジでやった、当時のデジタル・レコーディングを駆使した端正で美しい作品です。 佐藤のシンセによる、マリンバ〜メタル系の音色が効いた”Tambourin”はAmbient/New Ageファンにオススメ。フリーフォームなクロージング曲”Intermezzo For Flute & Guitar”あたりも良いです。帯なし。ジャケ軽い汚れ、やけ。インサートごく薄いやけ。盤なかなかキレイです。

Osamu Kitajima/Dragon King
(Arista/1981) [SOLD]

サンディー & ザ・サンセッツ/Viva Lava Liva 1980 – 1983
(Yen/1983) ¥1650

グループの1st&2ndと、サンディのソロからセレクトしたベスト盤。本作のみに収録された新録”Walk Away”はエレクトロ・エスノ・ファンク調の良曲。帯薄いスレ、汚れ。ジャケ薄いスレ、汚れ、底抜け補修、裏面シール剥がし跡。インサートやけ。盤には薄いすれ程度、再生良好です。

2/7: 新入荷商品の紹介です。

入荷商品の中から、Brazilian LP&7inchを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

週末のご来店をお待ちしています。

Orlandivo/Same
(Copacanbana/1977) ¥38500

Joao Donatoアレンジ、AzymuthのMamao&Alexandreも参加したに77年の再起作。リフレインを多用したキャッチーなソングライトが持ち味のOrlandivoとDonatoの相性は最高で、デッド&ソリッドな音像も相まって、今作を単なるMellow-MPB以上の傑作にしています。人気の”Onze Anda O Meu Amor”はじめ、”Um Abraco No Bengil”、”Tamanco No Samba”、”Juazeiro”など傑作揃い。ジャケ薄いスレ、汚れ、リングウェア。盤にはごく薄いスレ程度、当店に過去入荷した中でもトップに近いコンディションのコピーです。

Djalma Dias/Sabado Nao Da
(Continental/1965) ¥16800

Som Livreのノヴェラサントラの歌唱でおなじみの黒人シンガーDjalma DiasのBossa Nova期のシングル。Dj Nutsプレイの、Jorge Costaの傑作Afro Samba”Sabado Nao Va”が人気です。シングルOnlyです。 Continental専用カンパニースリーヴスレ、汚れ、角スレ、小シール添付等。レーベル面シール添付。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Super Som T.A./Brasilian Roxa/Maria De Todo Jeito
(Fermata/1972) [SOLD]

Travessia/O Canto Dos Mineiros
(Independente) [SOLD]

Flavio Fonseca/Luz do Ar
(Independente/1989) ¥5500

Antonio Adolfoから、Leila Pinheiro/Nivaldo Ornelas/Marcos Suzanoまで参加したリオのSSW Flavio Fonseca89年作。Leilaが唄うストリングス&ピアノをバックにした儚げな表題曲A-1から、牧歌的なパートから徐々にフリーキーに展開するインスト“ExercicioN.3″、FlavioのヴィオラォンとNando Carneiroのシンセの対話”Janaina”、ミナス系MPBを想起させる”EC”や“Tchauzinho A Parte”まで、今評価したい素晴らしいトラック揃いです。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ、左下シール添付。インサートごく薄いやけ。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

Joao Gilberto/Joao
(Philips/1991) [SOLD]

2/4: 新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LP/7inchを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

明日2/5(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Osmar Milito/…E Deixa O Relogio Andar!
(Som Livre/1971) [SOLD]

Luli E Lucinha/Same
(Nos La Em Casa/1979) ¥13200

60年代のソロ作も人気高いLuliと、Grupo Manifestに参加していたLucinhaによる姉妹?デュオ。72年にSom Livreからコンパクトをリリースしていますが、LPは79年の本作が初となります。サイケデリックなバンドサウンドだったシングル時代とは趣を異にした、簡素かつ陰影に富んだFolkアレンジのトラックが並び、特にフルートと彼女らの儚げなスキャットがリードするPois E…、ガットギターとピアノの絡みがジャジーなNuma Redeなど、欧州発ブラジル電子音楽コンピ”Outro Tempo: Electronic and Contemporary Music from Brazil, 1978-1992″に収録された”E Foi”あたり良いです。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ、角&フチスレ、上部割れ補修。インサート軽いやけ。盤には薄いスレ、ヘアライン程度。再生はなかなか良好です。

Hermeto Pascoal E Grupo/Festa Dos Deuses
(Philips/1992) ¥9900

“神々の祭り”と題されたタイトル通り、Itibere Zwarg以下、鉄壁のメンバーによる、深遠かつスピリチュアルな味わい濃く、また80年代よりよりポップでタイトにまとめられたアレンジが目を引く92年の傑作。Baiao Novoといった感じの、スピーディーかつ目まぐるしく展開するキラートラック”O Galo Do Airan”、Hermetoらしい和声感が表出する美しい”Rainha Da Pedra Azul”、”Fazenda Nova”など、今作も駄曲は皆無。Hermetoのアナログでは極めて見かけなく、近年では最も探されている一枚でしょう。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ、下部薄いウォーターダメージ。インサート薄い汚れ、しわ。盤には薄いスレ、ヘアライン程度。再生はなかなか良好です。

Synval Silva/Same
(RCA/1973) [SOLD]

Nanni/Arco-Iris/Sol De Primavera
(RCA/1978) ¥7480

詳細不明ですが、当店では長らく定番の、シンガーNanniの同名義ではおそらく唯一のシングル。”Sol De Primavera”はUS西海岸産を思わせるブライトで爽やかなミディアム。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ、シール添付。盤には薄いスレのみで、再生はなかなか良好です。

Manchester/Nao Quero Outra Vida/Coracao Singular
(RCA/1982) [SOLD]

Dori Caymmi/Same
(EMI/1982) ¥5500

偉大なDorival Caymmiの長男で、自らも作曲家として名高いDori Caymmi82年のサードLP。Miltonの影響も感じられた初期作に比べ、Toninho HortaやRobertinho Silvaらミナス勢、Luiz EcaやGilson PeranzettaらRio勢を使い分け、洗練とミナスらしさの融合した、素晴らしいMPB作品になっています。Luiz Ecaが”Piano E Cordas Vol.2″で吹き込んだ美しくもドープなインスト”O Homen Entre O Mar…”の作者ヴァージョンも素晴らしい。ジャケ薄いスレ、汚れ、シール添付等。インサートやけ、カビ汚れ。盤にはごく薄いスレ程度、再生は良好です。