4/6: 新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LP&7inchを紹介します。
お問い合わせは上のcontactか、About内のメール・Telから承ります。

Germano Batista/Canto Da Terra/Bumba Meu Boi
(Mocambo/1965) ¥28000

歌謡Samba歌手Germano Batista60年代中期のシングルOnly。近年ブラジル本国や欧州のDJに人気高い、Big Band編成のスリリングなHard Bossa “Canto Da Terra”収録シングルです。当店では昔から定番ですが、近年は世界的にも価格が高騰した一枚です。ジャケ薄いスレ、焼け、裏面マジック書き込み。盤にはごく薄いスレ程度、経年感薄く。再生は良好です。

Alcides Neves/Tempo De Fratura
(Amusp/1979) ¥21600

サンパウロで精神科医の傍、音楽活動していたと言われるAlcides Nevesの1st-LP。次作の”Des(Trambelhar)… Não”と共に、Tom Zeや初期のWalter Francoあたりに近似値な、先鋭性とノスタルジー、知性と攻撃性が同居する、クレイジーな大名作。ジャケ軽いスレ、汚れ、リングウェア、縁すれ、上部破れ補修跡。盤にはごく薄いスレのみで再生はなかなか良好です。

Tim(Maia)/Sentimento/Meu Paiz
(CBS/1968) ¥16200

Tim Maiaのノーザンソウル期の2枚目のシングル。両面ブラジル音楽ファン以外にも行けそうな、瑞々しいミディアムチューン。盤には薄いスレ程度で再生良好です。

Dalmo Castello/Fora De Hora / Boa Memoria
(Fermata/1968 ¥11880

カルトーラとの繋がりでも知られるRioのサンバ系SSW。初期はBossa Novaをやっていて、数枚の作品をリリースしていますが、本盤はおそらく2枚目のシングル。Nicola Conteセレクトの”Fora De Hora”は仄かに北東部色もある人気のトラックです。ラベル薄いスレ、汚れ。盤には薄いスレ、ヘアラインありますが、再生はまずまず良好です。

Sylvia Patricia/Agente Ate De Manha/Stonica
(RCA/1982) ¥5400

サルバドール出身、近年も精力的に活動する女性SSW Sylvia PatriciaのLPデビュー以前のシングルオンリー。両面良いですが、特に”A Gente Ate De Manha”は当店では古くからAORファンに人気高いホーンアレンジの秀逸なアーバン・スウェイ・ミッド。ジャケ薄いスレ、汚れ。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

Edu Passeto/China Blue
(Zero) ¥6480

こちらもソロ作もあるGui Tavaresと組んでEarly80’sにLPをリリースしていたEduの恐らく最初のソロ作。デュオ時代にも顕著だったメロディーメイカーの才は相変わらず、この時代らしいAOR感も嬉しい優れたMPB作品です。途中でReggaeに展開する軽快なシャッフル”China Blue”、足早でポップな8Beatトラック”Voaras”、ギターのオブリが夏っぽい”Cruzeiro Do Sul”、メロウ・スウェイ”Cabochard”など注目曲めじろ押しです。ジャケスレ・リングウェア・書き込み(シグネイチャー?)等。盤には音にさほど影響ないと思われるごく薄いスレ・小キズ程度。

Perinho Santana/Falsamente Suave
(PPA/1982) ¥4860

CaetanoバンドのA Outra Banda Da Terraのギタリストであり、Gilberto Gilのナイジェリアツアーにも同行、カエターノ&ジルのLate70’s期のサウンドを支えたPerinho Santana初のソロ作。US西海岸ライクのブライトで爽やかなBrazilian Fusion作品です。数曲でVoを披露していて、特にカエターノのと共作となるスウェイ・ミディアム”Nem Sonhar”、アーバンかつスモーキーな味わいがメロウ醸す”O Teu Olhar”、タイトかつカラフルな””Forte Ilusao”あたりはBrazilian Soul/AORの系譜で語れる良質なMPBトラックになっています。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ、取り出し口下部軽い傷み。iインサートしわ、シミ汚れ、折れ等。盤には軽いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Renato Teixeira/Album De Familia
(O Jogral/1971) ¥5400

Marcos PereiraがDiscos Marcos Pereira以前に運営していたレーベルO Jogral。あまりリリースのないオブスキュアなレーベルですが、67年にMaria Da Graca(Gal Costa)に提供したDada Mariaで知られる様になったサンパウロのSSW Renato Teixeiraも今レーベルから初の作品をリリースしています。後年のMusica Caipira寄りの作風とは趣を異にした仄かにアシッド感ある素晴らしいSSW-LPです。後年Marcos Pereiraからジャケ違いで再発されていますが、本LPが1st Pressとなります。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ。盤には薄いスレ程度で、再生良好です。

Dori Caymmi/Same
(EMI/1982) 〔SOLD〕

4/3: 新入荷商品の紹介です

昨日は店主急病のため、Blogの更新が遅れました。
大変申し訳ございません。

新入荷商品の中から、Brazilian LP&7inchを紹介します。

本日4/3(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Marcos Valle/Vento Sul
(Odeon/1972) ¥27000

O TercoとSom Imaginarioがバックを付けた、Marcosの全作品中、先鋭性では唯一無二な、近年人気高い72年作。タイトで練られたリズムトラックにフルートとファズギターが浮遊するFunky Rock”Revolucao Organica”、幻想的なコーラスワークがキモなModern Folk”Voo Cego”,Dj NutsのサイケMixでもピックアップされた、緊張感ある弦アレンジが堪らない”Democustico”他収録。Odeon黄色ラベル/SMOFB3725/Stereo。袋ジャケ薄いスレ、汚れ、表面右上に袋ジャケ補修跡。インサート軽い焼け、汚れ、折れ。盤には薄いスレ、ヘアライン程度、盤面には経年感薄く、再生状況もなかなか良好です。

Som Tres/Toboga
(Odeon/1970) ¥19800

彼らのオリジナル作品としては最終作に当たる70年盤。ドープでスリリングなSom3流Spacy-Jazz Funk”Irmaos Coragems”、本国ではSamba-RockクラシックでもあるJorge Ben”O Telefone Tocou Novamente”、などClassic曲を収録した最高傑作の一つです。MOFB3654/MONO。ジャケ薄いスレ、汚れ。盤には薄いスレ程度で、再生はなかなか良好です。

Dom Salvador/Abolicao 1860-1980/Juazeiro
(CBS/1970) ¥8640

ソロ作とAbolicao名義作の間にリリースされた7inch。両面ファンキーな良曲ですが特にLP未収録の”Abolicao1860-1980″が貴重です。制作はTambaのHercio Milito。CBSカンパニースリーヴスタンプ押。盤には薄いスレ、ヘアライン程度、再生はなかなか良好です。

Maria Carolina/Voce Nao Viu/Descansa
(Copacabana/1972) ¥8640

女性シンガーMaria Carolinaのシングルオンリー。Carlos Pedro作「Voce Nao Viu」は、カッティングとホーンリフの効いたBrazilian Lady-Funkクラシックです。ラベルスレ、スタンプ押。盤には薄いスレ程度で再生良好です。

Nazário Cordeiro/Dona Tristeza / Tem Navio No Porto
(Pirata/1975) ¥6480

Zéca Do Trombone E Roberto SaxのLPでお馴染みのマイナーレーベルPirataからのシンガーNazário Cordeiroのシングルオンリー。先述のRoberto &Zecaの制作による76年コンパクト盤”O Samba Está Virando Ouro”のハイライト曲” Tem Navio No Porto”、本作に収められているのは同曲のテイク違い/初演ver。いかにも彼ららしいファンキーな76年verに対し、本盤のテイクは美しいピアノの効いたゆったりとしたSSWタイプのアレンジでこちらも良いです。ジャケごく薄いすれのみで再生良好です。

Nalva Aguiar/Morunga Morungue/Carrossel
(Chantecler/1968) ¥6480

70年代をメインに活動したJovem Guarda/Sertaneja歌手Nalva Aguiar、LP以前の68年のシングル。彼女の他の作品と趣を異にする、冒頭Drum BreakのSamba Funk”Morunga Morungue”が人気のトラック。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

Os Incriveis/1910
(RCA/1971) ¥6480

“O Incrivel”が人気高いManitoが在籍したジョーヴェン・グアルダ・バンドの草分けOs Incriveis71年作。冒頭Drum BreakのFunky Rock”Paz E Amor”、オルガンが唸る”Na Baixa do Sapateiro “カヴァーなど収録、彼らの中でもファンキーなトラックの含有率が高い人気作です。ジャケ薄いすれ、リングウェア、汚れ。盤にはごく薄いスレのみでなかなか綺麗です。

Cassiano/Cedo Ou Tarde
(Columbia/1991) ¥5800

多数の大物ゲストを迎え、洗練極まったサウンドを聴かせる名盤。特にホーンセクションがきまったミディアムソウル”RIO BEST-SELLER”、ED MOTTAとのデュエット曲”KNOW-HOW”がカッコよすぎ…。通常のインサートに加え、珍しい冊子型インサートも付属(軽い折れ)ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ。インサート薄いしわ。盤にはごく薄いスレ程度で再生良好です。

Milton Nascimento/Milagre Dos Peixes
(EMI/1974) 〔SOLD〕

Flavio Venturini/Andarinho
(EMI/1984) 〔SOLD〕

3/29: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中からJapanese-LPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

週末のご来店、ご質問をお待ちしています。

So Nice/Love
(Not On Label/1979) 〔SOLD〕

Sugar Babe/Songs
(Niagara-Elec/1975) ¥12960

シティーポップスの原型と言えるポリリズミックで洗練されたアレンジと、楽曲の良さで未だ人気高いClassic-LP。ラベルに”シュギャー・ベイヴ”と表記されたNal規格Niagara-Elec盤・オリジナル。帯ナシ・ジャケすれ、汚れ、焼け。インサートすれ、汚れ。盤には目立ったスレ等見られず再生良好です。

研ナオコ/Mistone
(Canyon/1983) 〔SOLD〕

タンタン/Trying To Get To You
(Invitation/1978) ¥2700

大空はるみのTan Tan名義での唯一のLP。HeatのTom Savino他が制作に携わり、フォスター/ルカサーなど参加ということで古くからAORファンに評価されていますが、昨今のシティーポップ再評価により、近年ではその手のファンの間でも復権しつつあります。オリジナルの良さを残しつつよりフェミニンに仕上がったBees Geesのミディアムブギー”You Stepped Into…”Eugine Recordの”Trying To Get To You”カヴァーが白眉…帯スレ、カビ汚れ。ジャケ薄いスレ。インサート薄い汚れ。盤キレイです。

Nachiko/お花畑は水びたし
(Epic Sony/1980) ¥2300

和製ケイト・ブッシュと評されるエキセントリックな唄声と歌詞で知られるNachikoの2nd。前作同様、四人囃子〜Prismメンツを配したJapプログレ〜New Waveの名作です。帯&ジャケごくごく薄いスレ。インサートごく薄いしわ。盤なかなかキレイです。

富樫雅彦/Rings
(East Wind/1975) ¥3860

オーセンティックなジャズからアヴァンギャルドまでプレイ、Don Cherry/Steve Lacyなど特に先鋭的な海外組との共演多数の打楽器奏者、富樫雅彦の、彼自身の多重録音による75年作。浮遊感に満ちたミステリアス”Ring 4”、”Ring7″、土着的な”Ring9″など、全編イマジネイティヴな意欲作です。EW-9001-2/Gatefold Cover. 帯なし。ジャケ薄いスレ、多少の汚れ。インサート多少の汚れ。盤キレイです

峰厚介/Out Of Chaos
(East Wind/1974) ¥2700

菊地雅章クインテットでの活動が知られる峰厚介74年の5作目。その菊地、岡田勉(b)、日野元彦(dr)をバックに据えたワン・ホーン作品です。本作から初めてテナー・サックス一本に絞り、後のリーダー作のプロトタイプとなるスタイルを確立した代表作の一つです。数年前に日本映画に使われた”Recollection” や”Cross Wind”がスリリング。76年に規格番号違いで2nd Pressがありますが、今回入荷分はEW-7003/74年リリース初期プレスです。帯なし。ジャケ軽いスレ、汚れ、シグネイチャー、内側セロテープ跡。インサート欠。盤にはごく薄いスレのみで再生なかなか良好です。

菅野邦彦/オーパ!ブラジル
(Nadja/1978) 〔SOLD〕

3/27: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・telから承ります。

本日3/27(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Bobby Mackay/The Real Bobby Mackay
(RCA/1968) 〔SOLD〕

Belsom/O Som Internacional Do…
(Hot/1969) 〔SOLD〕

Sandra Sa/Same
(RGE/1982) 〔SOLD〕

Emilio Santiago/Same
(CID/1975) 〔SOLD〕

Elis Regina/Como & Porque
Phlips/1969) ¥5800

名作In Londonと同年にリリースされた本作も、絶頂期のエリスを伝える勢いに満ちた名作になっています。Elron Chaves/Roberto Menescal制作、メネスカルのコンジュントをバックに従えながらも、ジスモンチのO SonhoやPaulinho TapajosのAndanca他、新世代の作家の楽曲をセレクトするあたり、後のMPB時代を予見させる作品といえます。Edu LoboのCasa Forte、ボサ・クラシックO Barquinhoのカヴァーなど人気トラック収録。Philps青銀レーベル/コーテイングジャケMono。ジャケ薄いリングウェア/軽いスレ/汚れなど。盤には音にさほど影響ないと思われる薄いスレ程度で再生なかなか良好です。

Ricardo Bomba/Ultralight
(Tropical Jazz/1988) 〔SOLD〕

Gerson Conrad/GC
(Continental/1981) ¥4320

Secos & Molhados出身のGerson Conradが、Zeze Mottaとの共演盤を経てリリースした81年作。ギターのカッティングが効いた、レゲエ的な跳ねを持った”ソウルフルな”Depois da Sessão de Cinema”、エレピたゆたうPre-AOR”O Tempo”、美しいAORバラッド”A Sede e a Fonte”など収録、グループ時代より洗練され、当店ではAORファンを中心に人気高い一枚です。ジャケ薄いスレ、汚れ。背割れ&底抜け補修跡。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

Zizi Possi/Sobre Todas As Coisas
(Etudio Eldrado/1991) ¥3500

Late70’sから近年まで、永きに渡り作品を残すMPBシンガーZizi Possiの、器楽系名門レーベルEstuduo Eldoradoからの異色作。今作への参加がが世界的に知られるきっかけになったMarcos Suzano作のオープニングから、大河の流れのようなVoパートになだれ込む冒頭の組曲”Cotacoes”〜Onde Esta Voce”〜Com Que Roupa”、Suzanoのビリンバウが効果的な”Gato Gaiato”など全編、ジャズ・イディオムをベースに、Musica India、Afro Sambaなどの要素をちりばめつつ、極限まで削ぎ落とされたアレンジが美しい彼女の最高傑作のひとつ。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ、書き込み。インサート軽いカビ汚れ、スレ。盤なかなかキレイです。

3/22: 新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LP&7inchを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

週末のご来店をお待ちしています。

Best Of Friends/Daybreak
(Quartin/1971) 〔SOLD〕

Lennie Dale O Sambalanco Trio/Same
(Elenco/1965) ¥12960

アメリカ人振付師のLennie Daleがブラジルに渡り、Jazz-Trioをバックにリリースした諸作のうち本作は最も勢いあるスタジオ録音の2枚目。バックは全盛期のSambalanco Trioで、US産Voものでも定番曲となる”The Lady Is A Tramp”他、同トリオの勢いそのままに、疾走感がたまらない好トラックが並びます。Elenco ME-21/Mono。ジャケシミ、スレ、軽めのウォーターダメージ等。盤にはごく薄いスレ、ヘアライン程度、盤面には経年感薄く、再生はなかなか良好です。

William Senna/O Homem Do Madeiro
(Carmo/1985) 〔SOLD〕

Hyldon/Para Sempre/Rio De Janeiro-Brazil
(CBS/1978) ¥8640

Hyldon名義78年のNot On LP。”Rio De Janeiro-Brasil”は高揚感あるコーラスと、いかにもブラジルらしいバウンス具合が気持ち良い、Samba Soul名曲。最後までHyldonらしき声が聴こえないのが謎です、、、。レーベル面ラジオ局スタンプ。盤にはごく薄いスレ程度、盤面には軽年感薄く、再生はなかなか良好です。

Toto Mugabe/Nao Deixe A Vida Passar/Samba De Vaguarda
(Philips/1979) ¥7800

Totó & Cia Ltda名義でシングルを一枚残し、ソングライターとしてBlack系ミュージシャンに作品を提供したToto Mugabeの、同名義では恐らく唯一のシングル。切ないSamba Soul”Samba De Vanguarda”がかっこいい。盤には薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Joyce/Feminina
(EMI/1980) ¥6800

数多のアーティストにカヴァーされた名曲のオリジナル曲が収録された、80年リリースのマスターピース。彼女の代名詞的な”Feminina”収録盤ですが、いまなら、ミネイラの彼女らしいアコースティックな”Essa Mulher”、EDU LOBOライクな北東部マナーの”Banana”なども同様に評価したいです。ジャケ薄いスレ、汚れ、角&ふち軽いスレ。インサートごく薄いスレ。盤にはスレ、ペーパーマーク等、いずれも薄いもので、再生はなかなか良好です。

Beto Mondadori/Naturais Inventos
(Eugenho/1982) 〔SOLD〕

Fogo Baiano/Nada De Cor Nas Peles
(Copacabana/1988) 〔SOLD〕

Harmony Cats/Success Sounds/Harmony Cats Theme
(Barclay/1977) ¥5400

数枚のLP/シングルを残すショービズ系女性Voグループの7インチオンリー。”ハーモニー・キャッツのテーマ”と題されたSide-Bは彼女らのスキャットがかぶる出来の良いブレイクトラック。昨今、ブラジル本国のDJ使用率高い1曲です。盤なかなか綺麗。

3/19:新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LP&7inchを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

明日3/20(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Banda Black Rio/Maria Fumaca
(Atlantic/1977) 〔SOLD〕

Miele/Melo Do Tangarela(Rapper’s Delight)
(RCA/1980) ¥16800

子供番組のナレーションなどで本国ブラジルでは有名なMieleによる”Rappers Delight”カヴァー。Side-BインストVer。20年前からClassicな本盤ですが、近年はさらにレア化し、特にジャケ付き正規盤は本国でもなかなか見かけません。ジャケにはごく薄いスレ、角スレのみ。盤なかなか綺麗。

Papeti/Leila/Pensoposi
(Underground/1973) 〔SOLD〕

Titane/Same
(Curare/1986) ¥10800

数枚のLPを残すミナスの女性シンガー?グループ?86年作。いかにも彼の地らしい浮遊感と、近年トレンドのAfro-BrasileiraやMusica Indiaテイストをベースにしたオーガニックなサウンドメイクで、近年人気高まっている一枚です。MPBファンにはJoyceを想起させるシンコペーションを持ったブライトな”Adorinan Do Seu”がオススメですが、Uaktiをフィーチャーしたミニマルな”Brasil Se V”、アフロテイストのパーカッションインスト”Tore”あたりは更に今っぽい。ジャケ薄いスレ、汚れ、印刷滲み。盤にはごく薄いスレ程度で、,盤面に経年感薄く、再生良好です。

V.A./Calouros Cultura
(Fermata/1973) 〔SOLD〕

Renato Mota/Brasileiro
(Bemol/1992) 〔SOLD〕

Nassib Guimaraes/Pedaço Do Céu
(Bemol/1987) 〔SOLD〕

Mario Avellar/Nasceu
(Coomusa) ¥5400

Luli E Lucinha/Nilson Chavesなど、リオのマイナーレーベルNos La Em Casa周りのミュージシャンが参加したSSW Mario Avellar80年作。先述のNIlsonの1枚目”Danca De Tudo”に近似値なソフト・フォークの良作です。呪術的なコーラスと簡素なパーカッションに女性コーラスが乗るAfro-Brasileiro”Cachoeira Agua”、牧歌的なメロディーとLucinha?らしき美しいスキャットの対比が気持ち良い”Alma Viajante”、MarioとLuli&Lucinhaの共作曲”Bem-Te-Vi”、冒頭のピチカート音始め、弦アレンジが秀逸な、Luli E Lucinhaがリードと取る”Fragil”など、注目曲は枚挙に暇ない良作です。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ、小さいシール添付。盤にはごく薄いスレ程度で再生良好です。

Gemini/Você É Tudo Que Eu Quero / Dance Comigo
(RCA/1978) 〔SOLD〕

3/16: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LPを紹介します。
お問い合わせは上のCotnactか、About内のメール・Telから承ります。

週末のご来店、ご質問をお待ちしています。

Marco Bosco/Metalmadeira
(Arco Iris Empreendimentos Artísticos/1983) 〔SOLD〕

Marcos Valle/Same
(Som Livre/1983) ¥13800

大手レーベルからは最後の作品となる83年作。内容は時代を見据えた出来の良いElectro-Soul/Funkが並ぶ良作です。近年人気高いミディアム・ブギー”Estrelar”ばかりがピックアップされますが、他にシンセベースの効いた2-Stepチューン”Naturalmente”、広がりあるメロウフローター”Tapa No Real”などの他、Samba De Varaoの16BeatカヴァーA-3、口笛から始まる幻想的な”Fogo Do Sol”も収録、Brazilian Soul〜MPBと幅広い層にオススメです。ジャケ薄いスレ・リングウェア、汚れ、取り出し口1cm程度の切れ、右上Mシール添付。インサートごく薄いスレ。盤にはごく薄いスレ程度、再生良好です。

Carlos Lucena/A Dança Das Folhas
(Independente/1985) 〔SOLD〕

Fellini/So Vive 2 Vezes
(Baratos Affins/1986) 〔SOLD〕

Altay Veloso/Paixão De D’Artagnan
(Continental/1988) 〔SOLD〕

Marina/Olhos Felizes
(Ariola/1980) 〔SOLD〕

Luli E Lucina/Timbres/Temperos
(Somda/1986) 〔SOLD〕

Jose Renato/Fonte Da Vida
(Philips/1982) 〔SOLD〕