4/24: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

明日4/25(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Eduardo Araujo & Silvinha/Sou Filho Deste Chao
(Bevarly/1976) 〔SOLD〕

Joao De Aquino/Terreio Grande
(Epic/1978) 〔SOLD〕

Toninho Horta/Same
(EMI/1980)〔SOLD〕

Chico Curzio/Alpendre
(Alpendre Music/1991)¥3860

Gilson Peranzzettaの80年代のソロ作をGilsonと共同プロデュースしていることでも知られる、Rioのギタリスト/コンポーザーChico Curzio91年の、自主レーベルからの1stソロ。近年人気の鍵盤奏者Marcio Hallakら参加、ミナス産インストに近似値な、アンビエント風味もある浮遊感に満ちた気持ちいいトラック揃いの良作です。ジャケ薄いすれ、汚れ、ライナー薄い汚れ。盤なかなか綺麗です。

Fellini/So Vive 2 Vezes
(Baratos Affins/1986) ¥5800

Sao Pauloのポスト・パンクバンドFellini86年のセカンドLP。メンバーのThomas Pappon &Cadão Volpatoの2人 を中心に録音されていて、他の同タイプのバンドに比べインティミットで密室性高いサウンドプロダクション。加えてJoy Divisionあたりの影響大な、内省的で退廃的な雰囲気がこのバンドの持ち味です。ミニマルで美しいPianoに怪しげな男女の語り?が乗った”O Padre Hippie”と、シンセとドラムのみで紡がれた同曲の別テイク”O Padre Hippie Voltou”、レーベルメイトのトロンボーン奏者Bacato大活躍の、チープなリズムボックスがたまらない”Mae Dos Gatos”あたり良いです。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ、軽い角&ふちスレ。ライナー汚れ。盤には薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Tavinho Bonfa/E Tao Perfeito
(Sigem/1988) 〔SOLD〕

Alexandre Salles/Homem De Plastico
(Independente) ¥3860

ミナスのオブスキュアなSSW Alexandre Sallesの自主盤。当店では既に人気高いタイトルです。AOR風味あるミディアム”A 200 Coracao Hora”、Afro Brasileiroなパーカッショントラック”Nana Uiara”、いかにもミナスなシャッフルビートの浮遊感ある”Voce Nao Consegue Matar…”、冒頭のシタール?が効いた女性Voとのデュエットとなる美しいFolkチューン”Ciclo Do Boi”、エレピの効いた足早なFusionスタイルの唄もの“Coracao Engaiolado”など様々なタイプの曲を収録。ジャケ軽いスレ、フチ&角スレ。リングウェア、汚れ等。ライナー軽い汚れ。盤にはごく薄いスレ程度で再生良好です。

Zumba Cinco/Same
(Musidisc) ¥8800

トリオ+ヴィヴラフォン+ヴィオラォンという珍しい編成のキンテート唯一のLP。Mario Castro Nevesのグループなどで経験を積んだメンバーが集い、本作をリリースするに至ったようです。ヴィオラォンとヴァイヴを核にアレンジされているので、良い意味で洒脱で軽い手触り。Blusology/Bem De Amar/Remenofisなど軽快なJazz-Bossaトラックが並ぶ良作です。ST Hifi.2018/Stereo。ジャケ薄いすれ、汚れ、取り出し口軽いスレ程度で状態悪くない。盤にはB-1″Tema Feliz”の冒頭に小キズあり、数周薄いノイズ出るため特価です。針飛び等はなし。あとは部分的にスレ、ヘアライン等見られますがいずれもごく薄いもので、再生はなかなか良好です。

4/20:新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LP&7inchを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・telから承ります。

週末のご来店をお待ちしています。

Ivan Lins/Novamente Nova/A Vida Avisa Que Chegou/Qual A Porta/A Beira Do Cais (Forma/1970) 〔SOLD〕

Paulinho/Dorinha Tapajos/E Natural/O Profeta/O Triste/Vivencias
(Forma/1971) 〔SOLD〕

Luiz Gonzaga JR./Por Um Segundo/Africasiamerica
(Forma/1971) ¥4320

Gonzaguinhaの、単独では恐らく最初のシングル。ここでしか聴くことのできないラウドなサイケ・ロック”Africasiamerica”、次作のレアな4曲入りコンパクトでもハイライトとなる、弦アレンジの美しい初期の名曲”Por Um Segundo”を収録。レーベル面シール添付。盤には薄いスレ程度、再生はまずまず良好です。

Beto Mondadori/Naturais Inventos
(Eugenho/1982) 〔SOLD〕

Sergio Sa/Voa Vida
(RCA/1982) 〔SOLD〕

Sueli Costa/intimo
(EMI/1984) ¥2980

60年代にはElis ReginaやNara Leaoなどに楽曲を提供したRio出身の女流SSWの84年5th-LP。彼女の作品では比較的見かけない一枚ではないでしょうか?Helio Delmiro以下、Jazz/Fusion界の手練たちが大挙して参加、Good 80’s Bossa”Juventiude”など、彼女のピアノ弾き語りにバックをつけたようなスタイル、Sueliのソングライターとしての才にスポットを当てようなシンプルな良作です。この年代の作品にはあまり聴くものがないとお嘆きのBossa Nova/Vocalファンにおすすめします。ジャケごく薄いスレ、汚れ。盤なかなかキレイです。

4/17: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian LPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

明日4/18(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Carlos Dafe/Pra Que Vou Recordar
(Warner/1977) ¥15000

近年もArthur Verocaiのツアーに同行するなど精力的に活動するリオ出身のレジェンダリーなシンガー/ソングライター。本作は彼の中でも最もUSソウルの影響濃く人気高い1ST。冒頭ソリッドなBreak入りのMid-Funk”A-1、スティーヴィーワンダーに捧げたファンキーなミディアム・ダンサー”Hey Mr.Wonder”、ブラジル産とは信じがたいタイトなモダン・ソウル”Bem Querer”他良い曲いっぱい。Banda Black Rioの面々や、Azymuthのベルトラミ他、ファンキーなメンツが大挙して参加しています。ジャケ軽いスレ、背表紙付近強めのすれ、小さめの剥がれ。盤には薄いスレ程度で、盤面には経年感薄く、再生はなかなか良好です。

Villa Box/Break Da Rua
(CBS/1984) ¥8640

Tony Bizzaro制作の、Brazilian Electro Rap人気作。7inchは恐らく存在せず、12inch オンリーのようです。Side-B Long Version。盤には薄いスレ程度で、再生はなかなか良好です。

Ed Motta/Um Contrato Com Deus
(Warner/1990) [SOLD]

Mike Falcão E Seu Conjunto/No Embalo Do Samba
(Imperial/1966) 〔SOLD〕

Degas/Salazar/Muxima
(Visom/1987) 〔SOLD〕

Itamar Assumpcao/Intercontinental! Quem Diria! Era So O Que Faltava!!! (Continental/1988) [SOLD]

4/13: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian LPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、 About内のメール・Telにて承ります。
週末のご来店をお待ちしています。

Paulo Moura Hepteto/Fibra
(Equipe/1971) 〔SOLD〕

Robertinho Silva/Bateria
(Carmo/1983) ¥13800

Milton NascimentoのClube Da EsquinaやEgberto GismontiのAcademia de Dancasのメンバーとして、その他にも数多のセッションに重用された名ドラマーの、GismontiのレーベルCarmoリリース作品。Nico Assumpcao/Nirvado Ornellas/Ricardo Silveiraら、ソロ作も人気高い手練達を従えたシンプルな編成とフリーフォームなアレンジの妙、浮遊感バッチリなシンセ&ギターシンセとNivaldoのクールなプレイの対比、そしてRobertinhoはロング・ブレイクも交えた強靭なBeatをたたき出し、フリージャズ/音響系からJazz Funkフリークに至るまで、様々な層に支持される傑作です。御大ジスモンチ制作盤。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ等。盤にはごく薄いスレのみで再生なかなか良好です。

Pessoal Do Ceara/Meu Corpo Minha Embalagem Todo Gasto Na Viagem
(Continental/1973) ¥5400

後にソロになるEdnardoが唯一在籍する彼らの 1st-LP。Hareton Salvanini制作、当時のブラジルのヒッピー文化から生み出された、ニュアンスに富んだ素晴らしいトラックが揃った彼らの最高傑作です。Haretonの”S.P.73″を想起させる、中盤Groovyに展開する”Beira Mar”、Novos Baianosに近いブライトなGroovy Rock”Palmas Pra Dar Olhos”、Fagnerとの共演となるポップな”Cavalo Ferro”、儚くも美しいモダンフォークロック”Curta Metragem”など収録。Continental/SLP10094/Gate Hold Cover/コーティング初期プレス/Stereo。ジャケすれ、汚れ、取り出し口傷み、裏面小さめのシール添付。盤には薄いスレ程度、瞬間的なパチノイズが出る箇所もありますが、再生はまずまず良好です。

Marinho Gallera & Paulo Vitola Onze Canto
(Independente/1979) ¥6480

クリチバマイナーのSSWデュオ79年作。有名なメンツは一切参加していませんが、洗練された歌ものが並ぶ素晴らしいMPB作品です。SSW〜AORファンにもいけそうな、エレピたゆたうメロウな”Noturno”がベストトラック?ジャケ軽いスレ、焼け、汚れ等。インナー薄いシワ、汚れ。盤には薄いスレ程度。

Ney Matogrosso/Mato Grosso
(Ariola/1982) 〔SOLD〕

Duo Fenix/Same
(RCA/1988) ¥2800

Delia FischerとClaudio Dauelsbergによる男女鍵盤奏者のデュオ88年の1st。白玉系シンセが浮遊感かもす、アンビエント風味ある”Fenix”、アコピをフィーチャーした深淵かつ美しい”Valsa Perdida”あたり素晴らしいです。ブラジル盤。ジャケ薄いすれ。盤には薄いすれ程度、再生はなかなか良好です。

4/10: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、各ジャンルピックアップして紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・telから承ります。

明日4/11(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

劉美君(Prudence Liew)/赤裸感覺
(Current Records/1990)[SOLD]

清水靖晃/富樫春生…etc…・China Baby In My Arms….. ryoichi hattori songs
(Columbia/1984) 〔SOLD〕

センス・オブ・ワンダー/シンフォビート
(Air/1987) ¥2160

難波弘之率いるセンス・オブ・ワンダー、87年のデビュー作。ドキュメンタリー番組のテーマ曲に起用された”オープソニター”で知られるLPですが、Popさと浮遊感を併せ持つ”Rain”、難波のプログレ趣味濃厚な、深淵かつ幻想的な”Moon Water”あたりはさらに良いです。帯&ジャケ薄いすれ、汚れ。ライナーごく薄い汚れ。盤キレイです。

Playgroup/Epic Sound Battles Chapter Two
(On-U Sound/1983) [SOLD]

Daniel Lanois/Acadie
(Opal/Warner/1989) [SOLD]

John Villemonte/Clear & Velvet
(No Label/1980) ¥4860

1st-LP”People Like You”が人気高いウィスコンシン州のSSWの80年作で、本作がおそらく3枚目の作品です。ソロ作があるJohn Nazarencoなどが参加、1stのインティミットで幻想的な味わいに、Nazarenco作品に近似値な、ジャジーな洗練を加えた本作も必聴です。ジャケシュリンク、ノーカット。インナー小さめの切れ、薄い焼け、盤には薄いスレ程度で、再生はなかなか良好です。

Dom Um Romao/Same
(Muse/1974) 〔SOLD〕

Woods Empire/Universal Love
(Tabu/1981) [SOLD]

Loose End/In The Sky
(Virgin/1982) 〔SOLD〕

4/6:新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LPを紹介します。

お問い合わせは、上のContactか、About内のメール・Telから承ります。
週末のご来店、ご質問ををお待ちしています。

Jose Roberto Trio/Same
(Farroupilha/1966) 〔SOLD〕

Zelia Borbosa/Bresil : Sertao & Favelas
(Le Chant Du Monde/1968) 〔SOLD〕

Emilio Santiago/Same
(CID/1975) 〔SOLD〕

Carlos Dafe/Malandro Dengoso
(Warner/1979) ¥5800

ソウルフルな1~2枚目に対し、Dafe流Samba-Soulを展開した3rd-LP。質の高い楽曲、MPB系からエスコーラの手練まで贅沢に配したバックの手堅いプレイから、熱心なブラジル音楽ファンの間では、本作を彼の最高作とする向きも多いです。Dafeの唄もいつにも増して伸びやかで、この路線が彼に一番合っているのではと思わせます。LPオープナーに相応しいスケールの大きなバラード”La Vem Ela”、フルートがリードする涼しい”Um Pouco De Sol”、Nana Caymmiに提供した曲のセルフカヴァーの再演”Passarela”、美しいソウル・バラッド”Tudo Era lindo”、”A Cruz”、新機軸となるAfro Brazileira”Au Com Role”、など、永きに渡り愛せる安定感あるトラック揃い。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ、角折れ、底抜け補修跡、取り出し口小さめの切れ。盤は薄いスレ程度、再生はまずまず良好です。

Bebeto/Magicamente
(RCA/1984) 〔SOLD〕

Raiz De Pedra/Trajetoria
(Musi’Sul/1985) ¥5800

90年代にはとの連名作もある、Porto AlegreのJazz-Rockグループ恐らく最初のLP。クリムゾン辺りの影響も感じさせる複雑な構成と、かの地らしい牧歌的かつ浮遊感あるアレンジで、Brazil本国では既に人気作になっています。”罹患のカーニヴァル”と題されたピアノのリフ、ブリッジのパーカッシヴなパートが効果的、そしてエンディングのピアノが美しい“Carnaval Dos Aflitos”、ミナス系MPBとの類似点も見いだせる唄もの”Ceu Espelhos E Cristal”あたりオススメです。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ。盤には薄いスレ程度で再生良好です。

Andre Geraissati/Dadgad
(Warner/1988) ¥3400

Egberto Gismontiのツアーメンバーとしても活動したギタートリオGrupo D’almaの中心人物の4th-LP。タイトル通り全曲スティール弦のDADGADチューニングでプレイしたブラジル器楽系作品としては異色の一枚。独特の浮遊感とソリッドな音像を有したシンプルなサウンドで、ECMのファンなどにも聴いて頂きたいLPです。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ。盤には薄いスレ程度で再生はなかなか良好です。

4/3: 新入荷LPの紹介です。

新入荷LPの中から、Japanese-LPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telにて承ります。

明日4/4(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

細野晴臣/横尾忠則/コチン・ムーン
(King/1978) 〔SOLD〕

佐藤奈々子/ピロー・トーク
(Blow Up/1978) 〔SOLD〕

難波弘之/センス・オブ・ワンダー
(Seven Seas/1979) 〔SOLD〕

大野えり/グッド・クエスチョン
(Better Days/1981) 〔SOLD〕

チョコレート/Same
(Sony/1982) 〔SOLD〕

リチャード・ゴールド・オーケストラ/刑事-その世界
(RCA/1976) ¥3240

猪俣猛とサウンド・リミテッドの覆面仕事と言われる”リチャード・ゴールド・オーケストラ”名義作の中でも、内容、ジャケ共に人気高いLP。Side-AはUSの、Side-Bは日本の刑事ドラマ主題歌カヴァーで、Drum Break入りの”刑事バレッタ”、シングルも人気高い”鬼警部アイアンサイド”など、特にA面は総じて良いです。帯&ジャケごく薄いすれ、ライナーもともとなし、盤キレイです。

平尾昌晃/竜崎孝路/OST/必殺シリーズオリジナルBGM集~暗闇仕留人・必殺必中仕事屋稼業・必殺渡し人
(King/1986) 〔SOLD〕

3/30:新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian Soul/Funk/Groove/AORのLP&7inchを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

週末のご来店、ご質問をお待ちしています。

Abaete/Same
(Continental/1977) 〔SOLD〕

Tim Maia/Same
(Som Livre/1977) ¥8640

ブライトなDisco-Funk”Verao Cariopca”、涼しいカッティングの効いたメロウ・ミディアム”Venha Dormir Em Casa”、昇るスキャットパート〜美しいピアノメインのインストパートを経て、ホーンアレンジの効いたソウルフルパートに展開する”Let It All Hang Out”など収録の、77年の8th-LP。この年代のTimのLPも、近年では世界的に高値をつけています。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Marku Ribas/Barrankeiro
(Philips/1978) 〔SOLD〕

Hyldon/Para Sempre/Rio De Janeiro-Brazil
(CBS/1978) ¥8640

Hyldon名義78年のNot On LP。”Rio De Janeiro-Brasil”は高揚感あるコーラスと、いかにもブラジルらしいバウンス具合が気持ち良い、Samba Soul名曲。最後までHyldonらしき声が聴こえないのが謎です、、、。盤にはごく薄いスレ程度、盤面には軽年感薄く、再生はなかなか良好です。

Mary Jo/Dance Livre/Tempo Re Sorrir
(RCA/1978) ¥3860

Miss Leneの従姉妹らしいシンガーMary Joの、Hugo Belardi制作による78年のシングル。Lady Zuあたりに近似値なフェミニンなBrazilian Garage”Dance Livre”が知られています。盤には薄いスレチ程度、盤面には経年感薄く、再生はなかなか良好です。

Gilberto Correia/To De Olho Em Voce
(Toque/1988) 〔SOLD〕