9/5:新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、ミナス産LPを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telにて承ります。
明日9/6(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Uakti/Mapa
(Visom/1989)〔SOLD〕

Tulio Mourao/Teia De Renda
(Visom/1989)¥4500

Milton Nascimentoのバックを務め、第2期Mutantesのメンバーでもあったミナスの鍵盤奏者Tulio Mourao89年作。御大MIltonの参加も話題ですが、それよりもシンフォニックなシンセが効いたミナス独特の浮遊感を有したトラックが良く、凡百のブラジリアン・フュージョンとは一線を画する好作です。Uaktiによるデッドな音像のパーカッションが気持ち良い”Amormeuzinho”、”Baile Dos Meninos”、Pat Methenyのプレイが堪能できる美しい”Depois Da Paixao”、シンセのリフとNivaldo Ornelasのサックスがクールな”Tema De Helana”あたり特に良いです。ジャケ薄いスレ、汚れ、リングウェア。盤なかなかキレイです。

Wagner Tiso/Cine Brasil
(Philips/1989)¥2800

Wagnerの映画音楽作品のうち、彼のオリジナル作品には未収録のトラックを収録した、89年リリースの編集盤。Miltonのスキャットが美しい、”Coracao De Estudante”は、今作のために取り直された新録テイク。ジャケ軽いスレ、汚れ、小さめのシール添付、裏面書き込み。盤なかなかキレイです。

Os Borges/Same
(EMI/1980)〔SOLD〕

Lo Borges/Sonho Real
(Barclay/1984)〔SOLD〕

Milton Nascimento/Same
(Odeon/1969)¥6000

Toninho Hortaの人気曲Aqui Oh!の初録音テイクを収録したブラジルでの2枚目/通算3枚目。1stでの
ジャズ感は後退し、所謂ミナス・サウンドの先鞭を付けた作品といえるでしょう。後年カヴァー曲も多いTardeでの異様な弦アレンジ、哀愁メロ炸裂のBeco Do Motaや四つの月など、後年の様な派手なトラックこそないものの、初期の代表作としたい作品です。OdeonMOFB3592/Stereo/袋ジャケ/白x緑十字ラベル初期プレス。ジャケ薄いスレ、軽い汚れ、右上2cm四方程度の袋破れ。盤にはB-2〜5にかけてスレがありますが、ごく薄いもので、これ由来のノイズはほとんど見られません。

9/3: 9月18日-Dj Nuts Japan Tour 2017のお知らせです。

ブラジルNo.1 DJ、Dj Nutsの、5年ぶりの再来日が決まりました。
ここ数年でブラジル本国はもちろん、世界中で人気、知名度共に高まるNuts、

近年のブラジルのレコード人気の一因ともなる、根っからのレコード・ジャンキー
の彼らしい膨大なコレクションと、2000年のブラジルDMCチャンピオンならではの、
あらゆるブラジル音楽をHip Hopの手法で料理するスキル、アイディアを駆使した、
圧巻のプレイを繰り広げてくれるはずです。

5年前に続き今回も参加してくれる、同じくここ数年ですっかりワールドワイドに
なったおなじみ、DJ Koco AKA Shimokitaのプレイも楽しみ過ぎます!

Nutsの来日も、この二人が共演することも、今後当分ないと思います。

当日のご来場を心よりお待ち申し上げます。

また、18日のイヴェントだけでなく、いろいろな仕掛けに考えていて、

情報は追ってリリースできると思います。

Nutsの来日中の情報や、Liveの詳細などは、随時FacebookやInstagramの専用アカウントにアップしていきます。

Disco E Cultura Facebook専用アカウント

https://www.facebook.com/events/144374066160822/?fref=ts

Disco E Cultura Instagram専用アカウント

http://instagram.com/disco_e_cultura_djnuts

 

DISCO E CULTURA
DJ Nuts Japan Tour 2017 Special Showcase

DJ NUTS(Sao Paulo Brasil)
DJ Koco AKA Shimokita

Jin Nakahara(J-WAVE Saude Saudade)
Elan(Braza !SF)
Osumi(Living Room)

9/18(Mon)
17:00〜23:00

ユナイス代官山
東京都渋谷区恵比寿西1丁目34-17 Za HouseビルB1F
https://www.facebook.com/Unicecafe/?fref=ts

9/1: 新入荷LPの紹介です。

Wanda Sa/Vagamente
(RGE/1964)〔SOLD〕

Dory Caymmi/Same
(Odeon/1972)〔SOLD〕

Alaide Costa/Coracao
(EMI/1976) ¥6480

黒人女性歌手としては珍しく、60年代から良質なSamba Cancao~Bossa Nova作品を残すAraide Costa。本盤はJoao Donatoや、Toninho/Nelson Angelo/Robertinho、クレジットこそないもののMilton Nascimentoらミナス一派が助力して制作された、彼女の再起作となる76年作。ネタ使用率も高いドープな弦アレンジのMilton “Catavento”カヴァーを始め、気品ある雰囲気とMPB期の洗練が同居した素晴らしい作品です。ジャケ薄いスレ、リングウェア程度。盤にはごく薄いスレ程度で再生良好です。

Raimundo Fagner/Oros
(CBS/1977)¥4320

北東部セアラ州Oros出身のSSW。現在も活動を続ける息の長い人ですが、故郷の名をタイトルに冠したこの4作目はHermeto Pascoal制作で、彼の北東部色とモダンなサイケ色が表出した演奏、アレンジ、音像が素晴らしく、同時期のパスコアル関連作Taiguara”Imara Tayra Ipy”を想起させる名作です。呪術的なコーラスワークと疾走感が気持ち良いアルバムタイトル曲B-3がカッコいい。ジャケ薄いスレ、リングウェア、焼け。ライナー軽いシワ。盤には音にさほど影響ないと思われる軽いスレ程度。

Emilio Santiago/Emilio
(Philips/1978)〔SOLD〕

Bocato E Banda Bloco/Lixo Atomico
(Baratos Affins/1985)¥4860

Elis Regina/Rita Leeなどビッグネームとの共演でも知られる、サンパウロ・ロック界の重鎮、トロンボーン奏者/アレンジャーBocatoの、グループ名義の1st-LP。Sao Pauloの老舗レコード店Baratos Affinsのレーベルの初期作品です。Jazz/Ska/New Wave/Hip Hopなど、様々なタイプのサウンドを咀嚼した、のいかにもサンパウロらしいユニークな一枚です。冒頭Drum Break入り、電子ドラム?とのゆるい同期具合も楽しい、クールでとぼけたA-3″Epaminondas”、”ウエストミンスターの鐘(チャイムの歌)”のフレーズを引用した、タイトルからポストパンクな”Big Ben”、イントロと後半のシンセ浮遊するBreakが面白い”130MIlhas”収録。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ。盤なかなかキレイです。

8/30: 新入荷商品の紹介です。

Arnaud Rodrigues/Tudo De Bom Pra Voce/Lema De Bom Brasileiro
(Copacabana/1969)〔SOLD〕

Mary/Quem Sou Eu,Quem Es Tu/Venha Comigo
(Epic/1972)〔SOLD〕

Franco/Eu Ja Amei Voce/Lagrimas
(Fermata/1971)〔SOLD〕

Eliana Pittman/Viva A Vida!/Vou Morrer De Rir
(RGE/1969)〔SOLD〕

Wilson Simonal/Brasil,Eu Fico/Cancao No.21…ETC…
(Odeon/1970)〔SOLD〕

Corrente De Forca/Salve De Congo/Torcida
(Atlantic/1978)〔SOLD〕

8/27: 8月28日(月)臨時休業のお知らせです。

明日8/28(月)は夏休みのため、臨時休業とさせて頂きます。
ご来店を予定されて頂いているお客様は、ご注意頂きますよう、お願い致します。

以下、8月中の営業スケジュールとなります。

8/28(月)臨時休業
8/29(火)通常営業
8/30(水)定休日のため休業
8/31(木)通常営業

ご来店、ご質問お待ちしています。

Rubbergard Record

8/26:新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian LPを紹介します。
お問い合わせは、上のContactか、About内のメール・Telにて承ります。
週末のご来店をお待ちしています。

Meirelles E Copa 5/O Som
(Philips/1964)〔SOLD〕

Claudette Soares/Nº 3
(Philips/1970)〔SOLD〕

Codo/Serie Musica Brasileira Volume1
(Glasurit/1984)¥6000

RCA、CIDなどにLPを残すヴィオロニストCodoの84年作。Rogerio Dupratアレンジ、Heraldo Do MonteやPapeteなど参加した異色の作品です。得意の軽やかなインスト群もいいですが、PapeteのパーカッションとRogerioの不穏な弦アレンジをバックに、自身の朴訥としたVoと呪術的なコーラスが乗る”Canoeiro”、”O Bahia”が特にキラー。昨今のAfro Brasileira人気を受けて、当店では定番の人気タイトルです。ジャケ薄いスレ、汚れ。インナー軽いスレ、焼け。盤には薄いスレ程度。再生なかなか良好です。

Lo Borges/Nuvem Cigana
(EMI/1982)〔SOLD〕

Ed Motta/Um Contrato Com Deus
(Warner/1990)〔SOLD〕

Eliete Negreiros/Outoros Sons
(Lira Paulistana/1984)〔SOLD〕

8/22:新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LP&7inchを紹介します。
お問い合わせは、上のContactか、 About内のメール・Telより承ります。

明日8/23(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Toninho Horta/Same
(EMI/1980)〔SOLD〕

Carlos Dafe/Malandro Dengoso
(Warner/1979)〔SOLD〕

Jorge Vercilo/Encontro Das Aguas
(Continetal/1994)¥6480

今日でも安定した人気を誇る”白いDjavan”ヴェルシロの記念すべき1st-LP。彼の初期作で唯一アナログリリースされている作品で、今日では本国ブラジルでも中レア盤になってきました。代表曲のひとつ”Alegre”を始め、現在のヴェルシロ節を既に確立した、絶品のMPB/Brazilian -AOR作品。ジャケ薄いスレ、角スレ、汚れ、小さめのボールペン書き込み。盤質、再生ともに良好です。

Nara Leao/Era Uma Vez…/O Estrangenro/Vinte Anos/Pai E Filho
(Polydor/1971)〔SOLD〕

Frank Sinatra/Antonio Carlos Jobim/Sinatra-Jobim Sessions
(Reprise/1979)〔SOLD〕

Laercio De Freitas/Sao Paulo Balanco Do Choro
(Estudio Eldorado)¥3500

Tamba4のメンバーで、主要なタンバ関連作品の制作に深く関わった才人のセカンド。ほぼ全曲自作曲で、オルガンとピアノをメインに、彼ならではの洗練された激カッコ良いアレンジのChorinho集となっています。全ブラジル音楽ファン必聴です。ジャケには軽いスレ/リングウェア、角&縁に強めのスレ等。盤なかなかキレイで再生良好です。

8/18:新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian LPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telにて承ります。

週末のご来店、ご質問をお待ちしています。

Nando Carneiro/Violao
(Carmo/1983)〔SOLD〕

Celia Vaz/Mutacao
(Philips/1981)〔SOLD〕

Pascoal Meirelles/Tamba
(Vento de Raio/1983)¥5800

60年代にはTempo Trioに参加したり、Jobimのトリビュート作品を出したりと、Bossa Novaファンにも知られるミナス出身のドラマー。本盤はMarcos Resende/Jamil Joanes/Marcio Montarroyos/Nivaldo Ornelas/Jota Moraesら手練達が多数参加のセカンドLP。MarchaとSambaの合いの子のようなリズムが面白い”Canon”、Marcos Resendeのアープ大活躍の攻撃的なフュージョン・トラック”Amtrak I”など、ライトな80’s Jazzに終わらない試みがなされた初期の名作です。ジャケ軽いリングウェア・スレ・汚れ、左上シール添付。盤にはごく薄いスレのみで再生なかなか良好です。

Luli E Lucinha/Timbres/Temperos
(Somda)¥4860

60年代のソロ作も人気高いLuliと、Grupo Manifestoに参加していたLucinhaによる姉妹?デュオのサード。初期のEPとLPが有名ですが、本作も素晴らしいです。Afro Brasileiraな味わいが前作”Amor De Mulher/Yorimata”を想起させる”Pixaim”や”Suba Na Baleia”、シタール使いの”Pacto”の他、今作の新機軸となるシンセを多用した”ストレンジな”Bugre”、フェミニンでポップな”Quem Sabe De Mim”、儚くもメロウな“Amor Maduroなど良い曲多いです。ジャケ薄いスレ、角スレ。ライナーノーツ軽い汚れ。盤には薄いスレのみで再生なかなか良好です。

Dudu Franca/Gratis 1 Tiara
(RCA/1982)〔SOLD〕

Emilio Santiago/Ensaios De Amor
(Philips/1982)〔SOLD〕