6/12: 新入荷商品の紹介です。

本日はJapanese/AsiaのLP&シングル盤を紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

週末のご来店、ご質問をお待ちしています。

Variete/Souvenir
(Kitchen Records/1981) [SOLD]

Yunsang/Part2
(Jigu/1992) [SOLD]

Colgen Band/A Lonely Falling Star
(Pioneer/1981) ¥2970

ジョージ川口とビッグ4+1への参加を皮切りに、渡辺貞夫・日野皓正らとの共演も知られるピアニスト鈴木宏昌率いるColgen Bandが、Players改名直前にリリースしたミニLP。鈴木のアープと松木恒秀のメロウ・リックが美しく交錯するタイトル曲A-2などを収録したPre-Fusion名作です。帯薄い汚れ。ジャケ薄いスレ。盤キレイです。

難波弘之/センス・オブ・ワンダー
(Seven Seas/1979) [SOLD]

郷ひろみ/スーパー・ドライブ
(Sony/1979) [SOLD]

佐々木好/暖暖
(Sony/1985) ¥2530

札幌出身のSSW佐々木好、85年の4th-LP。デビュー当時から関わる鈴木茂アレンジ、US西海岸フレイヴァーの”デッキシューズ”、緩くGrooveする”ワインカラー”など、これ以前の作品に適度な洗練が加わった隠れ好盤。帯なし。ジャケ&インサートごく薄い汚れ。盤きれいです。

奥慶一/ミスティ・モーニング
(Victor/1981) [SOLD]

6/9:新入荷LPの紹介です。

本日は、新入荷LPから各ジャンルセレクトして紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

明日6/10(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Luiz Eca/Same
(Carmo/1983) [SOLD]

The Mike Westbrook Concert Band/Marching Song – An Anti-War Jazz Symphony (Deram/1970) ¥6380

反戦をテーマにした組曲を2枚のLPに振り分けた、69年の”Marching Song”の1&2を2枚組にしたUS独自編集盤。Big Band仕様のFree Jazz横溢する中、John Surmanの高揚感あるブロウが聴ける”Waltz (for Joanna)”がとても美しい。ジャケ薄いスレ、リングウェア。色抜け。盤には薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Seguida/On Our Way To Tomorrow…
(Fania/1976) ¥6380

ブロンクス発ラテン・ロック・バンドSeguidaのセカンドLP。前作より洗練を増し、トータルで出来の良い人気作です。某Mixでセレクトされたナイス・ガラージ”On Our Way To Tomorrow…”パーカッション・ブレイクが効いたモダン・ソウル”Next To You”収録。ジャケノーカット、ごく薄いスレ、薄い角折れ。盤なかなかきれいです。

鈴木宏昌/トリトン
(1979) [SOLD]

Adriana Calcanhoto/Senhas
(Columbia/1992) ¥4840

教師やイラストレーターなど、多方面での才能で知られる、ポルトアレグレ出身の女性歌手/ソングライターAdriana Calcanhoto92年のセカンドLP。”女カエターノ”の異名でも明らかなように、テクノロジーを駆使した実験性と、知性を讃えた、いわゆる”イイ曲”を書く優れたソングライターとしての二面性が表出した、素晴らしいLPです。オーガニックな広がりが気持ちいい”Mentiras”、エスコーラMangueira do Amanhãの打楽器隊を従えた、美しいSamaba"Tons”、繊細なJazzy MPB”Agua Perrier”、Hiphop+Sambaなビートに乗せてRapを披露する”Milagres”など多彩です。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ、角&取り出し口スレ。インサート汚れ。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

水橋孝・アンド・ヒズ・フレンズ/One Tuesday In New York
(Denon/1978) ¥2970

ジョージ川口の右腕として、また渡辺貞夫・日野皓正・海外ではArchie Shepp/Ron Carter他一流どころの支持も厚い名ベーシスト水橋孝の、NY滞在時に吹き込んだDenonからの1枚目。Herbie Hancock、中村照夫らが参加。エレピが効いたくぐもったJazz Samba”Samba de Negrito”、スピーディな”La Esmeralda”、ハービーの”Cantalope Island”のナイスカヴァー収録。帯なし。ジャケ薄いスレ、軽いカビ汚れ、軽微な角潰れ。 インサート薄い汚れ、しわ。盤きれいです。

6/5:新入荷LPの紹介です。

本日は、新入荷LPから各ジャンルセレクトして紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

週末のご来店、ご質問をお待ちしています。

Tete Espindola/Ouvir
(Indepnedente/1991) [SOLD]

Robotic/Only For You (Solo Para Abonados)
(Robotic Music/1991) ¥6600

のちにJonny WhiteとArt Departmentを結成する、カナダのElectronic MusicのパイオニアKenny Glasgowの初期キャリアとなるユニットで、スペインのRobotic Classicからのリリース作品。硬質なBeatと浮遊するシンセ/マリンバの対比が絶妙な、ダンサブルな”Phumi”収録。スペイン盤。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

Fellini/So Vive 2 Vezes
(Baratos Affins/1986) ¥6600

Sao Pauloのポスト・パンクバンドFellini86年のセカンドLP。メンバーのThomas Pappon &Cadão Volpatoの2人 を中心に録音されていて、他の同タイプのバンドに比べインティミットで密室性高いサウンドプロダクション。加えてJoy Divisionあたりの影響大な、内省的で退廃的な雰囲気がこのバンドの持ち味です。ミニマルで美しいPianoに怪しげな男女の語り?が乗った”O Padre Hippie”と、シンセとドラムのみで紡がれた同曲の別テイク”O Padre Hippie Voltou”、レーベルメイトのトロンボーン奏者Bacato大活躍の、チープなリズムボックスがたまらない”Mae Dos Gatos”あたり良いです。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ、軽い角&取り出し口スレ。インサート汚れ。盤にはごく薄いスレ程度、再生良好です。

Fred Frith/Guitar Solos
(Caroline Records/1974) [SOLD]

V.A./Jazz A Confronto 1
(Horo Records/1972) [SOLD]

芸能山城組/アフリカ幻唱
(Invitation/1982) [SOLD]

6/2: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LPを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール/telから承ります。

明日 6/3(水)は定休日につきお休みを頂きます。

木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

よろしくお願い致します。

Marcos Valle/Same
(Odeon/1970) ¥28600

70年代の作品でも人気高い”赤ベッドLP”。もともと人気のSoft Rock群の他に、Marcos自身も数回吹き込んだ代表曲”Os Grilos”、Os Tres MoraesもやったGroovyな”Freio Aerodinâmico”、バックのSom Imaginario全開な、深遠でプログレッシヴな”Suíte Imaginária: Canção – Corrente – Toada – Dança”なども収録。ジャケ軽い汚れ、スレ、5mm程度の底抜け。盤には薄いスレ、ヘアライン程度、再生はなかなか良好です。

Aracy De Almeida/Samba E Aracy De Almeida
(Elenco/1966) [SOLD]

Jose Roberto Bertrami/All My Songs
(Fama/1991) [SOLD]

Ricardo Mansur/Terra De Índio
(Niterói Discos/1993) [SOLD]

Milton Nascimento/Minas
(EMI/1975) [SOLD]

5/29: 新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian LP&7inchを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

よろしくお願い致します。

V.A./Estourou No Norte
(Continental/1971) [SOLD]

Banda Olé Brasil/Coração Rolando A Bola / Olé Brasil
(RCA/1982) [SOLD]

William Senna/O Homem Do Madeiro
(Carmo/1985) ¥7920

ギタリストWilliam Senna85年作。全体的にはギター1本で紡がれた、粒だったシンプルな音世界ながら、時折GismontiのシンセやDulce Bressane(=Dulce Nunes)のスキャットが挿入される、いかにもCarmoらしい音世界の好作です。自身とDulceのデュエット曲となる深淵なFolk”Horizonte”、同タイプのトラックながらEgbertoのシンセが絡み、より神秘的な”Pora”他収録。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ。盤キレイです。

Titane/Same
(Curare/1986) ¥7700

数枚のLPを残すミナスの女性シンガー?グループ?86年作。いかにも彼の地らしい浮遊感と、近年トレンドのAfro-BrasileiraやMusica Indiaテイストをベースにしたオーガニックなサウンドメイクで、近年人気高まっている一枚です。MPBファンにはJoyceを想起させるシンコペーションを持ったブライトな”Adorinan Do Seu”がオススメですが、Uaktiをフィーチャーしたミニマルな”Brasil Se V”、アフロテイストのパーカッションインスト”Tore”あたりは更に今っぽい。ジャケ軽いスレ、汚れ、書き込み(メンバーのシグネイチャー?)。盤にはごく薄いスレ程度で、,盤面に経年感薄く、再生良好です。

Paulo Mattar/Dito e Feito
(Fundação Cultural de Curitiba/1993) [SOLD]

5/26: 新入荷LPの紹介です。

本日も、新入荷LPから各ジャンルセレクトして紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

よろしくお願いします。

Robertinho Silva/Bateria
(Carmo/1983) ¥16500

Milton NascimentoのClube Da EsquinaやEgberto GismontiのAcademia de Dancasのメンバーとして、その他にも数多のセッションに重用された名ドラマーRobertinho Silva、GismontiのレーベルCarmoからのリリース作品。Nico Assumpcao/Nirvado Ornellas/Ricardo Silveiraら、ソロ作も人気高い手練達を従えたシンプルな編成とフリーフォームなアレンジの妙、浮遊感バッチリなシンセ&ギターシンセとNivaldoのクールなプレイの対比、そしてRobertinhoはロング・ブレイクも交えた強靭なBeatをたたき出し、フリージャズ/音響系からJazz Funkフリークに至るまで、様々な層に支持される傑作です。御大ジスモンチ制作盤。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ、取り出し口と裏面に小シール添付。盤きれいで再生良好です。

V.A./Native Brazilian Music
(Museu Villa-Lobos/1987) ¥6820

フィラデルフィア管弦楽団のマスターとして名声を得たLeopold Stokowskiが、40年代初頭にブラジルに赴き、Villa Lobosらと吹き込んだ一枚。オリジナルは42年リリースの4枚組SP盤でとてもレアなので、87年に初めてLP化された今作も人気高いです。Villa LobosのグループやPixinguinha、Dongaなど、当時ブラジル最先端のメンツによるChoro/Sambaなど、歴史的に価値ある音源を収録していますが、特に伝説的なパーカッショニストJoao Da Baianaの2曲収録が嬉しい。”Caboclo Do Mato”はAfro Brasileiraのキラートラック。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ。インサート汚れ、スレ。盤きれいです。

Cannonball Addrley Quintet/Music, You All
(Capitol/1976) [SOLD]

渡辺博也/OST/ファントム無頼
(Futureland/1985) [SOLD]

峰厚介/Out Of Chaos
(East Wind/1974) ¥3300

菊地雅章クインテットでの活動が知られる峰厚介74年の5作目。その菊地、岡田勉(b)、日野元彦(dr)をバックに据えたワン・ホーン作品です。本作から初めてテナー・サックス一本に絞り、後のリーダー作のプロトタイプとなるスタイルを確立した代表作の一つです。数年前に日本映画に使われた”Recollection” や”Cross Wind”がスリリング。70年代に2回プレスがありますが、今回入荷分はEW-7003初期プレスです。帯なし。ジャケ軽いスレ、汚れ。インサート薄い焼け、折れ。盤キレイです。

Mio Fou/Same
(Japan Records/1984) [SOLD]

5/22: 新入荷LPの紹介です。

本日も、新入荷LPから各ジャンルセレクトして紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

よろしくお願いします。

Sidney Miller/Lingus De Fogo
(Som Livre/1974) [SOLD]

Bengt Berger & Bitter Funeral Beer Band/Praise Drumming
(Dragon Records/1987) [SOLD]

はにわちゃん/かなしばり
(Sony/1984) ¥3300

仙波清彦率いるはにわオール・スターズから、ライブ用に8人が選抜され結成されたグループ84年作。和打楽器&三味線によるオリエンタルなニューウェイヴサウンドに、小川未潮から交代した柴崎ゆかりのロリータヴォイスが乗る、時代の徒花的なサウンドが今また新鮮。スリリングな弦アレンジがドープな”かなしばり”、沖縄風味もある和アンビエント”カタピラの花”、シンセ浮遊するノスタルジックな”みなと”など収録。アレンジ&鍵盤は久米大作。帯なし。ジャケ薄いスレ、多少のカビ汚れ。インサート薄い焼け。盤キレイです。

Benjamin Lew/Steven Brown/A Propos D’Un Paysage
(Crammed Discs/1985) ¥2970

“Onze Danses Pour Combattre La Migraine”など自身作も人気高い、Aksak MaboulのMarc Hollanderがプロデュースした、Orient Et MécaniqueのBenjamin Lewと、TuxedomoonのSteven Brownとの共演作。Marc の自主レーベルCrammed Discsからのリリースです。Rock/PopからMinmal、Wolrd Musicなど、様々なスタイルを融合した、深遠でアブストラクト なトラック揃いの傑作。発売当時の日本盤。帯薄いしわ。ジャケ&インサートごく薄いスレ。盤キレイです。

坂本龍一/ウラBTTB
(Warner/1999) [SOLD]