7/7:新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Minas系MPBのLPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・TElにて承ります。
明日7/8(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店をお待ち申し上げます。

Lo Borges/Sonho Real
(Barclay/1984)[SOLD]

Clube Da Esquinaの一員/ミナスの名ソングライターの単独作としては4枚目のLP。若干、時代のエレクトロ感を纏った感はあるものの、美しい楽曲とToninho Horta、Wagner Tiso、Flavio Venturini、Robertinho Silvaらお馴染のメンツが紡ぐ唯一無二な世界感は健在です。軽快な8BeatナンバーTempestage、ジャジーなシャッフル”Nenhum Mistério” 、メランコリックなワルツFeliz Aniversarioあたりの新機軸もすばらしい。ジャケスレ/リングウェア、背割れ補修、取り出し口付近シール跡等 。盤は目立ったスレ等見られずなかなか良好なコンディションです。

Flavio Venturini/Nascente
(EMI/1981)[SOLD]

O Terco/14Bisなどのグループでも活動し、ムジカ・ミネイラの一側面であるブラジリアン・ロックの重要人物でもあるSSWの1st。多くの評価がそうであるように、彼の儚げなファルセットVoの生きた、清々しく柔らかな所謂”ミナスらしさ”が表出した彼の代表作です。タイトル曲はフラヴィオ一世一代の名曲。ブラジルEmi-Odeon初期プレス。ジャケごく薄いスレ。盤キレイです。

Flavio Venturini/Andarinho
(Odeon/1984)[SOLD]

O Terco/14Bisなどのグループでも活動し、ムジカ・ミネイラの一側面であるブラジリアン・ロックの重要人物でもあるSSWのセカンドLP”旅”。前作”Nascente”と比べ、若干時代のエレクトロニック感を纏った感じはあるものの、彼の儚げなファルセットVoの生きた、清々しく柔らかな所謂”ミナスらしさ”は健在。Toninho HortaやNana Caymmiが参加した”Solidao”はかの地を思わせる牧歌的な広がりを持った静かなる名曲。MiltonとのデュエットVoが聴ける”Anjo Bom”やミナス・バラッドの定型と言える”Preciosa”もフラヴィオの代表曲の一つとしたい、美しいトラック。ジャケ軽いスレ・リングウェア・上部薄めのウォーターダメージ。盤には音にさほど影響ないと思われるごく薄いスレ程度。

Flavio Venturini/Cidade Veloz
(Chorus/1990)[SOLD]

セカンド”Andarinho”から6年の歳月を要した90年のサードLP。彼独自の世界観は全く揺らぐ事なく、独特のファルセットヴォイスを駆使した清々しく柔らかな所謂”ミナスらしさ”が表出した良作です。ジャケ軽いスレ、盤には薄いスレのみで再生は比較的良好です。ミナスらしいコーラスを駆使した清涼感あるトラックと、紅一点Ana Irisをフィーチャーした儚げなFolkタイプのMPBトラック、ブラジリアントラッド/インジオの音楽のモダンな解釈によるトラックなど様々なタイプのトラックを収録、バーサイタルな魅力に満ちた当店定番LPです。ジャケ軽いスレ。盤なかなかキレイです。

Cid Ornellas/Cacador De Lua
(…/1988)[SOLD]

高名なNivaldo Ornellasの兄弟で、自身もチェロ奏者として知られるCid Ornellasのソロ一作目。Nivaldoも全面的に参加、自身のVoをフィーチャーしたミナス系MPBの良作です。ジャケスレ、リングウェア等多少の経年感、盤には薄いスレのみで再生は比較的良好です。

Mambembe/Same
(…/1981)[SOLD]

70年代から活動するBelo Horizonteのグル−プ。単独作品としては彼ら初のLPになると思われます。ミナスらしいコーラスを駆使した清涼感あるトラックと、紅一点Ana Irisをフィーチャーした儚げなFolkタイプのMPBトラック、ブラジリアントラッド/インジオの音楽のモダンな解釈によるトラックなど様々なタイプのトラックを収録、バーサイタルな魅力に満ちた当店定番LPです。ジャケ軽いスレ。盤なかなかキレイです

Mauricio Tizumba/Caras E Caretas
(Bemol/1991)¥2910

俳優や起業家の顔も持つミナスの黒人SSWの代表作。 インディ産らしいくぐもった音像の、洗練されたMPB風のトラックが並びます。ジャケスレ、書き込み(本人シグネイチャー)盤なかなかキレイです。