5/12:新入荷LPの紹介です。

本日は最近の新入荷の中からピックアップして紹介します。
明日5/13(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ち申し上げます。

Ruby Andrews/Everybody Saw You
(Zodiac/1970)[SOLD]

ミシシッピ出身、シカゴをベ−スに活動したシンガー最初のLP。De la Soul”Brain-Washed Follower”やQ-Tip”Won’t Trade”でサンプルされた”You Made a Believer Out of Me”やFat Joe他こちらも人気ネタ”Casanova 70″だけでなく、全編フェミニンかつ骨太なFemale Funk/Soulが収録された素晴らしいLPです。ジャケスレ、色抜け等多少の経年感。盤にはごく薄いスレのみで再生は比較的良好です。

Wood Brass & Steel/Same
(Turbo/1976)[SOLD]

Turboレーベルのハウスバンドとして、Brother To Brotherなどのバックを務めていたNew Jerseyのバンドの1st-LP。12inchカットされた”Funkanova”はBlack Science Orchestra”New Jersey Deep”ネタ/Loft Classicとして知られるスペイシーなメロウファンク。他にもJay-Zネタのミッド・ファンク”Say What You Want To Say”、”Always There”のナイスカヴァー、Skyzoo / Live and Directネタ“My Lady”他収録の名盤です。ジャケシュリンク軽い破れ/ノーカット/取り出し口薄いスレ。盤には音にさほど影響ないと思われるごく薄いスレ程度で再生良好です。

Garland Green/Same
(Ocean Front/1983)[SOLD]

シカゴを拠点に活動していたシンガーのLamont Dozier制作による83年作。70年代のRCA盤をさらに発展させたようなモダンなサウンド横行する一枚で近年では彼の中で最も人気高いLPでしょうか。特にメロウフローター””You Make Me feel So Good”とタイトなダンサー”System”良いです。同プロダクションのZingara-Lpとの競演となるスロー”Love’s Calling”も捨てがたい。ジャケごく薄い汚れ。盤には音にさほど影響ないと思われるごく薄いスレ程度で再生良好です。

Dayton/Feel The Music
(Capitol/1983)[SOLD]

Sunからの脱退組が結成したオハイオのグループ83年の4th/最高傑作。プロデューサーRahni Harrisの代表作でもあります。彼らの代名詞と言える、鮮やかかつアーバンな“Sound Of Music”を筆頭に、美しくもエモーショナルなスウェイ・ミッド”It Must Be Love”、同郷のRoger参加でまさにZepp-Funkな”Love You Anyway”、哀愁スローの“Caught In The Middle”まで、ヴァーサイタルな傑作です。ジャケごく薄いスレ。盤キレイです。

Gwen Conley/The Many Faces
(Meco/…)[SOLD]

コメディー番組「Fun Bunch」にも出演していたシンシナティー出身のシンガーGwen Conleyの唯一作。Jazzシンガーのやる16Beatトラックといった趣の人気曲”You’ll Never Know”収録LPです。ジャケスレ、上部割れ補修跡。盤にはごく薄いスレのみ。

Jerry Gonzalez/Ya Yo Me Cure
(American Clave)[SOLD]

Kip Hanrahan主催のAmerican Claveの第一弾としてリリースされた打楽器奏者・トランペッターJerry Gonzelezの1st-LP。この後Jerryと活動を共にするFort Apache Bandの面々や、同レーベルにLPがあるMilton CardonaやDon Aliasら一筋縄ではいかないメンツ参加、そしてLatin音楽をいかにもNYらしい先鋭的かつ即興性の高いミニマルなアレンジでやるHanrahan独特の世界観が表出した傑作です。ファンキー・ルンバと化したMonkのEvidence、EllingtonのCaravan、Milesのテイクが知られるWayne Shorterの”Nefertiti”での深遠な音世界は圧巻です。ジャケシュリンク・ノーカット。角少し折れ。取り出し口軽いスレ。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

Lito Vitale/Sobre Miedos,Creencias Y Supersticiones
(…/1084)¥3990

アルゼンチン・プログレの雄MIaの鍵盤奏者の1st-LP。シンフォニックで浮遊感ばっちりなトラック揃い。エキセントリックな多重コーラストラック”Alubrando A Las Animas” 、哀愁あるコーラスパートから執拗なリズムチェンジを繰り返す“Noche De La Salamanca”、美しいJazz-Folkトラック”La Luz Mala Em El Canpo”など収録。ジャケ薄いスレ、汚れ。盤には目立ったスレ等見られず、アルゼンチン盤としてはなかなか良好なコンディションです。

Michael Deacon/Runnin’ In The Meadow
(Mustardseed/1975) [SOLD]

ミネアポリスのSSW Michael Deaconの処女作。2000年前後にSSWファンの間で人気を博したミネアポリスのスタジオSound80産の1枚です。後のセカンドLPや彼のグループVanty Pressにも収録された彼の代名詞的な名曲”Yahoo”を始め、マイナーリリースとは思えないクオリティーを有し、店主が以前勤めていた中古レコード店のディスカヴァリーと言う事もあり、マイナーSSW作品の中でも個人的に思い出深い1枚です。ハートウォームなWon’t Be Long、流麗なピアノとサックスソロがジャズ感を演出するGive What You Can、Pre-AORとすら言える”Wet And Alive”、ウッドベースのリフがドープな”Can’t Inpress The Potter”他、駄曲は皆無で、この手のSSWファンには絶対の作品です。ジャケシュリンク/ノーカット。盤にはごく薄いスレのみで再生は比較的良好です。