4/24:新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中からBrazilian LPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telにて承ります。
明日からのゴールデン・ウィーク中のご来店、ご質問をお待ち申し上げます。

V.A/O Banquete Dos Mendigos
(RCA/1979)[SOLD]

Jards Macaleがイニシアチヴを取った、世界人権宣言25周年を記念して開催されたショーのライブ盤。Pedro SantosのパーカッショントラックA-5を収録、近年ブラジル国内を中心に高値でディールされるLPです。他に先述のMacaleやMilton Nascimento/Dominguinhos/Edison Machado/Gonzaguinhaなどの貴重なライブ音源収録。ジャケ軽いスレ、シワ、汚れ。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

Caetano Veloso/Transa
(Philips/1972)[SOLD]

Jards Macale/Tuti Morenoらブラジルからメンバーを呼び寄せて録られたロンドン亡命時の2作目。ライプレコーディングっぽいラフで乗りを生かした味わいに加え、初期作に見られるAfro-Brasileiro色もチラホラ。変形ジャケ初期プレスMONO。ジャケ軽いスレ、裏面下部に軽い剥がれ。盤には小さいスレ、小キズあり、パチノイズでる箇所があるものの、リリース年を考えると比較的普通に聴ける感じ。並程度のコンディションという評価です。

Caludia/Passaro Emigrante
(Epic/1979)[SOLD]

日本Only盤も出していて、本国ではもちろん日本人にも馴染み深いBossa Nova歌手Claudiaの79年作/6作目。彼女の夫でもあるGrupo MedusaのドラマーChico Medori制作の本盤は、これ以前の作風とは趣を異にした、強靭なビートと絶妙な浮遊感のコーラスが堪らない変幻自在のSuper-Funkyな異色作で是非再評価を望みます。ジャケスレ、焼け、汚れ、取り出し口傷み、放送局スタンプ押等並程度のコンディション。盤には薄いスレのみで、再生は比較的良好です。

Pedrinho Mattar/Um Show De Mattar
(Copacabana/1971)[SOLD]

60年代にFarroupilhaからTrio/Conjunto名義の作品をリリースしているピアニストのGood-Lounge-LP。Som LivreのノヴェラやClaudette Soaresのヴァージョンが知られる”Sex Appeal”、同じくNoveraカヴァー”Lucia Esparadrapo”は原曲より洒脱なアレンジの好トラック。80年代にBeverlyからセカンドプレスがありますが、本コピーはCopacabanaコーティングジャケ・初期プレスです。ジャケ薄いリングウェア・スレ等軽い経年感。盤にはごく薄いスレ、ヘアライン程度で再生良好です。

Rosinha De Valenca/Apresenta Ipanema Beat
(RCA/1970)[SOLD]

女流Baden Powellの異名を取る、才人Rosinha De Valenca70年作。ファンキーな作風に移行した時期の作品で、ブラジル人には定番の”Mercy,Merrcy”や”Sunshine Superman”などSoul Jazzアレンジでやってます。ワルツアレンジのJimmy SmithT-Bone Steak”もユニーク。ジャケスレ、汚れ等多少の経年感。盤には目立ったキズ等ないものの、盤面に多少の経年感あり、軽いチリスレがでる箇所あります。

Sambalanco Trio/Same
(Audio Fidelity/1964)[SOLD]

Cesar Camargo Mariano/Humberto Clayber/Airto Moreiraという手練達が一堂に会したトリオの処女作。彼らのみならずJazz Sambaの中でも象徴的なトラック”Samblues”の初演収録盤です。Audio Fidelity AFLP2010/MONO。ジャケごく薄いスレ、取り出し口に軽い傷み、裏面ボールペン書き込み等軽い経年感。盤には薄いスレありますが、音にはさほど影響ないようです(カートリッジN-44g-Mono使用)レーベル面書き込みあり。

Sambalanco Trio/Reencontro Com Sambalanco Trio
(Som/Maior/1965) [SOLD]

Som 3とSambrasa Trioに分裂していた初期メンバーの”再会セッション”とされる3枚目/最終作。1枚目でも演っている”Samblues”はメドレー形式でより緻密なアレンジに。Afro-SambaなBadenの”Deixa”、ベースのHumberto Clayber作で、彼がメンバーだったSombossa5のテイクもあるスピーディーな”Tensao”あたりもカッコ良い。Som/Maior SM1517/MONO。ジャケスレ、汚れ。。表面3カ所シール貼り、裏面に放送局スタンプ。盤はごく薄いスレ、ヘアライン程度で、ごく薄いチリスレ、曲間にごく薄い瞬間的なサッというノイズが出る箇所もありますが、盤面には経年感薄く、まずまずストレスなく聴けそう。(カートリッジN-44g-Mono使用)ラベル小さめのシール貼/ごく薄い焼け。

Sergio Carvalho/P’ra Frente
(Continental/…)[SOLD]

数枚の名義作を残すピアニスト/アレンジャーの”Alta Tencao”と並ぶ代表作。男性コーラスやピアノ&Vibeをを配した上品かつビートの強いLounge-Bossa トラックが並び、今また再評価したい一枚です。Continental PPL-12130/MONO。ジャケスレ、汚れ、裏面小さめの放送局スタンプなど多少の経年感。盤には薄めのスレ、ヘアラインや小キズ少々あり、多少のチリスレがある箇所もありますが、いずれも大きなものではなく、盤面には経年感薄く、並程度のコンディションという評価になります(カートリッジN-44g-Mono使用)