4/3:新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、JapaneseカテゴリーのLP/7inchを紹介します。
お問い合わせは上のContactかAbout内のメール・Telより承ります。
週末のご来店をお待ち申し上げます。

佐藤公彦/午後五時の風
(Philips/1977)[SOLD]

井上鑑アレンジ、吉野藤丸/鈴木茂/村上ポンタ他が参加した佐藤の異色作。エレピたゆたうソフト・スウィング・チューン”午後五時の風”、ワウ・ギターの効いたEarly-Disco的な”Baby”など良い意味で彼らしくないトラックを収録、シティー・ポップ・ファンに知られる作品です。帯、ジャケ、ライナーノーツに薄い汚れ。盤にはごく薄いスレ程度で再生良好です。

マリリン/スリム・センセーション/グッバイ・ジミー
(Express/1979)[SOLD]

惣領泰則制作の、マリーン改名前の7inch。”スリム・センセーション”がダンサブルな好トラック。見本盤。ジャケシワ、汚れ、左下ホールカット。盤キレイです。

黒住憲五/Still
(TDK/1983)[SOLD]

岡山出身のSSW。青山学院在学中にグループ”ブーメラン”を結成、その後村上ポンタ・大村憲司ら擁する”カミーノ”を従えたシングルでソロデビュー、80年代に数枚のソロ作をリリースしています。本作は彼の最高作として名高いセカンドLPで、High Moon/Hearts Of New York/Moonight Serenade他収録で、シティーポップファンに永らく愛される一枚です。バックは松原正樹・斎藤ノブらParachute系。見本盤。帯スレ、見本盤シール。ジャケ軽いスレ等。盤キレイです。

C-Point/High-Tune
(Sony/1983)¥2700

ナイアガラ・トライアングル1と2にそれぞれ関わった伊藤銀次と佐野元春の制作による、Vocalトリオのデビュー作。佐野曲”We Can Love” が比較的知られている曲ですが、シティーポップ的には、タメの効いたスウェイ・ミディアム”夢見た頃”、カッティングの効いたダンサブルな“Concrete Jungle”、ピアノが美しいレイド・バックした”Over The Sea”あたりオススメします。シールドを確認のため開封したのみのコピーです。裏面見本盤シール添付。

ダディ竹千代&東京おとぼけCats/First
(Canyon/1980)¥2160

ダディ竹千代こと加治木剛率いるコミックバンドの1ST-LP。コミックバンドといっても、そうる透や川崎真弘など名プレイヤーがメンバーに名を連ねた、一級のFunkバンドでした。加治木作の歌謡Funky Soul”Easy Girl”あたり今聴いてもなかなか面白い。帯軽い汚れ、ジャケ上部割れ補修。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。インナースリーヴ&リリックシート付属。

かまやつひろし/釜田質店
(Vertigo/1973)[SOLD]

73年の4th-LP。一般的にはカントリー色の強い作品と言われていますが、聴く人によって様々な解釈が成り立つ作品かなと、個人的には思います。筒見京平作のPopかつソウルフルな”幼きものの手を引いて”は私的名曲。後半にパーカッシヴなドラムブレイク入りの”のんびりいくさ”はRare Groove/トラックメイカーの間では古くから知られるトラックです。Virtigo/FX8611/帯なし、ジャケ軽いスレ。盤にはごく薄いスレ、ヘアラインのみで再生良好です。