3/31:新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-SSWのマイナー・自主盤LPを紹介します。
当店では定番のものも多いですが、一般的にはほとんど知られていないものばかりです。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telにて承ります。
明日4/1(水)は定休日につきお休みを頂きます。木曜以降のご来店、ご質問をお待ち申し上げます。

Tanto Amor/Same
(Vencedores Por Cristo/1980)[SOLD]

ブラジル発CCM中堅レーベルVencedores Por Cristo発の混成コーラスグループ80年作。ミナス風の浮遊感あるトラック、Em Cyっぽいヴォーカリーズ曲など盛りだくさんでなかなか楽しめる一枚です。特にホーンアレンジもきまったゆったりファンキーな”Salmo127″は個人的にイチオシのトラックです。ジャケ軽いスレ、リリック付きライナーノーツごく薄い焼け。盤キレイです。

Renato Remos/Mesmo Barco
(Voo Livre/1982)[SOLD]

トライヴァルな味わい、サイケ〜Acid Folk的な趣もあるSao PauloのSSW/ギタリストRenato Remos82年作。ノルデスチ色濃厚な”Introducao Fim De Show”、重厚なチェロをバックに軽くSwingするジャジーな”Bobo Da Corte”など収録、様々な要素を盛り込んだ、洗練されたJazz-Rock作品といった感じの良盤です。ジャケ軽いスレ、汚れ。リリック付きライナーノーツ焼け、角折れ。盤なかなかキレイです。

Aurora Boreal/Ato De Criacao
(Independente/1990)[SOLD]

USメタル系に似たような名前のバンドがいますが、こちらはPorto Alegreのグループ。当店ではマイナーMPBや真性AORのファンを中心に人気高い一枚です。ミナス系MPBと近似値な“Luas Todas”、”Vai Passar”、Pre-AORテイストの”Elixo”あたり良い。もともとはJazz/Fusion系バンドのようで、ブライトなインスト”Trilha”、ウィンダム・ヒルみたいに深淵な味わいの”Por-Do-Sol”などもあります。ジャケ軽いスレ、リリックつきライナーノーツ汚れ、よれ。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

Juao/Cheiro De Mudanca
(Independente/1982)[SOLD]

ミナスのSSW Juaoの最初のLP。一応SSWなのですが、それより、結構入ってるレジェンド達のカヴァーの方が断然面白いw特にWagner TisoのインストVer”Os Passaros”が人気高いMilton Nascimentoの“Noticias Do Brasil”のトライヴァルな味わい、エレピたゆたうメロウなDori Caymmiの“Estrela Da Terra”は特に面白い。ジャケごく薄いスレ。盤はキレイですが、A-6に小さいプレスミスあり、2〜3周プチノイズが出ます。

Grupo Engenho/Vou Bota Meu Boi Na Rua
(Engenho/1981)[SOLD]

Santa Catarinaマイナーのモダン・トラッド的作風のグループ80年の初期作。Forro/BaiaoなどブラジリアントラッドにJazz/Fusion的イディオムを加えたユニークなグループです。数曲あるメロウフォーク調のトラックは更に良く、女性Voがリードの”Boitata”、仄かにAfro Brasileiro色香る“Lua Mansa”、”Pescadores”は特にオススメのトラックです。ジャケスレ、リングウェア、汚れ。盤には多少のスレ、小キズあります。

Irmao/Comecar
(RBS/…)[SOLD]

ソロ作が知られる黒人SSW Roberto Guima周辺の人らしいIrmao唯一?のソロ作。黒人SSWらしくSoul/Funkやカリビアン始め他国のBlack Musicのスタイルを咀嚼したユニークなトラックが並びます。特に先述のRoberto作”Tome Era”はSoul〜AORと洗練されたMPBの要素を併せ持つなかなかかっこ良い曲。ジャケ軽いスレ、汚れ。盤なかなかキレイ。レーベル面軽い剥がれ。

Jacob Lopes/In Qui Tue De
(Independente/1992)¥2910

RioのSSW Jacob Lopes92年作。有名なメンツは全く参加していませんが、洗練されたMPBあり、メロウ&ソウルフルなトラックありと幅広い層に受けそうな良作です。レゲエビートの”Procura”、LAマナーのAOR”Dificil”、そしてフルートがリードする、仄かにカリブ色あるメロウ”Mundo Dos Sonhos”あたりオススメします。ジャケごく薄いスレ。盤キレイです。