9/23:新入荷LPの紹介です。

本日の秋分の日に向けて、昨日までにBrazilとJapanese
カテゴリーを中心に50枚程新入荷商品を店頭出ししました。
今日はその中から、MPBカテゴリーのLPを紹介します。
定番から、人気盤、マイナー作品まで色々です。

明日9/24(水)は定休日につきお休みを頂きます。
本日および木曜以降のご来店、ご質問をお待ち申し上
げます。

Tom Ze/Estudando O Samba
(Continental/1976)[SOLD]

「サンバの学習」と題された、しかし実際はSambaの解体/
再構築が実験される76年の問題作。Heraldo Do Monte/
Jose Briamonteと言った大御所の制作、Sambaの偉人El
ton Medeiros参加にも関わらず、良い意味でそれを全く
感じさせないTomの独自性が最良の形で表出した、最高傑
作の一つです。トライヴァルなMe、2本のギター&最小限
の打楽器、複数のSEのみで紡がれたインストTocなど、独
特のポリリズミックなアレンジが秀逸。異様な情感で迫る
Tristezaカヴァーも素晴らしいです。ジャケスレ、リング
ウェア、汚れ、ボールペン書き込み等多少の経年感。インナ
ースリーヴ焼け。盤には薄い紙スレ&小傷、薄いプチノイズ
出る箇所もありますが盤面には経年感薄く、全体的には普通
に聴けるコピーです。

Piry Reis/Caminho Do Interior
(Carmo/1984)[SOLD]

QuartinからのLPが人気高いSSW Piry Reis(= Piri)のEg
berto GismontiのレーベルCarmoからの最初のLP。次作
“Rio Zero-Graus”と比べなかなか見つからず、また内容も
良いと言う事で近年人気の作品です。Milton Nascimentoに
少し似ている牧歌的かつ洗練を有した楽曲と味わい深い声質
に、Carmoらしいシンセを配した独特の浮遊感が相俟って、
先述のQuartin盤、本国でびっくりする程の高値で取引され
るSame-Title盤と共に彼の代表作としたい傑作です。Nico
Assumpção/Robertinho Silva/Carlos Walkerなど間違い
ないメンツの他、もちろん御大Gismontiも鍵盤で参加。ジ
ャケ軽いスレ、汚れ。盤なかなかキレイ。

Grupo Realejo/Sonho De Adulto
(CE Producoes/1984)[SOLD]

現在は自身のトリオ名義で活動するBene Ferreiraと奥さ
んのLoniを核とするSao Pauloのグループの1枚目。フォル
クローレやFolk-Rockのいちヴァリエーションと言えるサウ
ンドを持つ作品ですが、そこにJazz的洗練を加え、楽曲、
演奏ともレヴェル高く、マイナー産とは思えない良作にな
っています。MInas一派や彼の地のマイナーSSWものがお好
きな方にオススメできる1枚です。ジャケ薄いスレ、汚れ。
盤にはごく薄いスレ、ヘアラインのみで再生良好です。

Olivia/Anjo Vadio
(Som Livre/1980)[SOLD]

Barca Do Sol関連のシンガー/ソングライターOlivia
ByingtonのセカンドLP。ソングライトはGismonti/Nando
Carneiro/Luli E Lucinhaなど器楽系+αメンツを起用して
いますが、アレンジはDori CaymmiやLincoln Olivettiが
担当、この時代のマイルドかつメロウな味わい表出する良質
MPB作品です。特に作者のLuiz Melodiaヴァージョンも素晴
らしいRobson/LIncoln制作のAOR”Onde O Sol Bate E Se
Firma”、luli E Lucinha作の極上メロウ・フォーク”Den
go Tengo”あたり良いです。ジャケ軽いスレ、リングウェア
等。盤キレイです。

Luiz Gonzaga JR./Plano De Voo
(EMI/1975)[SOLD]

Ivan LinsのバックバンドGrupo Modo Livreを初めて従え
た75年のサードLP。従来のノルデスチ色に、タイトなJazz
-Rock色を加えたトラック、特にベースがブリブリな北東部
ファンクの”O Comeco da Festa” 、エレピ&フルートが不
穏なJazz-Folk-Rockの”Gas Neon”、ジャジーに迫る”Mun
do Novo…”始め、同年のIvanのChama Acesaの兄弟LPと言
えるタイトかつプログレッシヴな名作です。ジャケスレ、
リングウェア、ボールペン書き込み等。盤にはごく薄いヘ
アライン程度で再生良好です。

Dori Caymmi/Same
(EMI/1982) [SOLD]

偉大なDorival Caymmiの長男で、自らも作曲家として名高
いDori Caymmi82年のサードLP。Miltonの影響も感じられ
た初期作に比べ、Toninho HortaやRobertinho Silvaらミ
ナス勢、Luiz EcaやGilson PeranzettaらRio勢を使い分
け、洗練とミナスらしさの融合した素晴らしいMPB作品にな
っています。Luiz Ecaが”Piano E Cordas Vol.2″で吹き
込んだ美しくもドープなインスト”O Homen Entre O Mar
…”の作者ヴァージョンも素晴らしい。ジャケ軽いスレ、
汚れ等。盤には音にさほど影響ないと思われるごく薄いス
レ程度。

Caetano Veloso/Qualquer Coisa
(Philips/1975)[SOLD]

裏ジャケに記載あるように、同年リリースの”Joia”の兄弟
LPといえる75年作。個人的にはBeatlesのカヴァーをさせ
たら当代髄一の彼。Eleanor Rigby~For No One~Lady
Madonnaと並ぶSide-Bは地味ながら圧巻です。かたやオリ
ジナルの”Drume Negrinha”は、いかにもドナートらしい
プレイが聴けるメランコリックかつ美しい佳曲。
Philips紺&銀ラベル初期プレス。ジャケ縁/角スレ他、
軽い経年感。盤には ごく薄いスレ、ヘアライン程度で
再生良好です。