9/16:新入荷商品の紹介です。

ブライス・オフ・セールは昨日で終了致しました。たくさ
んのお客様にご来店頂き、感謝致します。

本日はBrazilian-Soul/AORカテゴリーのLP/7inchを紹介
します。お問い合わせは上のContactかAbout内のメール・
Telにて承ります。

明日9/17(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ち申し上げます。

Marcos Valle/Same
(Som Livre/1983)[SOLD]

大手レーベルからは最後の作品となる83年作ですが、内容
は時代を見据えた出来の良いエレクトリックSoul/Funkが
並ぶ良作です。シンセベースの効いた2-Step”Naturalmen
te”広がりあるメロウフローターTapa No Realなどソウル
トラックの他、Samba De Varaoの16BeatカヴァーA-3、
口笛から始まる幻想的なFogo Do Solも収録で、MPBファ
ンにもオススメできる作品です。近年ではブラジルものと
しては極めてボトムの出たミディアム・ブギー”Estrelar”
が世界中で人気再熱しています。ジャケスレ・リングウェ
ア等軽い経年感。盤にはごく薄いヘアライン数本のみで、
盤面には経年感薄く、再生も良好です。

Marcos Valle/Bicicleta/Beta Menina
(Som Livre/1984)[SOLD]

Som Livre最終作となるシングルオンリー。当時ワークアウ
トの伝道師だった? 彼らしいサイクリング賛歌「Bicicleta」
はカクテルLPの流れを汲むタイトかつブライトなブラジリア
ン・ブギー良曲です。ジャケ薄いスレ、汚れ。盤にはごく薄
いスレ、ヘアラインのみでなかなかキレイです。

Peninha/Sonhos
(Polydor/1978)[SOLD]

Sao Paulo出身、当時新進気鋭のソングライターだったPenin
ha78年作。本来はカントリー寄りのPop系SSWだと思われます
が、Brazilian Funk/Soul作品を手がけ、自身でも好内容の
Disco-LPを出しているHugo Belardi制作で、全体的洗練さ
れたアレンジが施されています。特にLady Zuに提供した
”Novidade”の作者Verはたゆたうエレピが気持ちよい、ゆる
くてかっこ良いWhite-Soul名曲です。ジャケ軽いスレ、シワ。
盤にはごく薄いスレのみで、盤面には経年感薄く、再生も良
好です。

Dudu Franca/Vem Dancar/Grilo Na Cuca
(Polydor/1979)[SOLD]

70年代初期にはKris Kringle名義で英語詞LPをリリース、
76年に”Videomania”をヒットさせたEduardo FrancaのDu
du名義での恐らく初の作品。シングルオンリーです。”Vem
Dancar”はエモーショナルかつキャッチーなWhite-Boogie
好曲。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

Carlos Vicente/Cantando Sorrindo
(Independente/1984)[SOLD]

不勉強ながら詳細は分かりませんが、Rioをベースに活動
していたオブスキュアなシンガーのマイナー盤。幾分ラテ
ン風味あるミディアム・ブギー”Tem Do”、Djaven曲を王道
AORのスタイルにリアレンジした美しいスロー”Petala”な
ど英語圏音楽の影響下にあるトラックから”Cantando Sor
rindo”や”Forsa Moral”などAfter-Bossa的なMPBトラッ
クまで、全編洗練された良質マイナー作品です。ジャケ薄
いスレ、リングウェア、シグネイチャー書き込み、底抜け
補修、裏面シール貼り等軽い経年感。 盤にはごく薄いス
レのみで、盤面には経年感薄く、再生良好です。

Jorge Ben/Alo Alo Como Vai?
(Som Livre/1983)[SOLD]

Jorge Ben X Lincoln Olivettiと言う事で、これ以前も
表出していた4つ打ちSamba-Rock路線がより明確になった
Som Livreからの3枚目。Lulinha Linsとデュエットする
モダン・ダンサー“Georgia E Jorge”、ブライト&タイト
なホーンアレンジがかっこ良い“Ma Ma Ma Ma Mae”あたり
はこの時期の作品でしか味わう事のできない絶妙なバラン
スのトラックだと思います。ジャケ汚れ、スレ、裏面にテ
ープ跡等多少の経年感。盤には薄いスレライン、スレのみ
で比較的再生良好です。