6/27:新入荷LPの紹介です。

本日は新入荷商品の中からBrazilian-Soul/Funk-LP
を紹介します。お問い合わせは上のContactかAbout
内のメール・Telにて承ります。
週末のご来店、ご質問をお待ち申し上げます。

Banda Black Rio/Gafieira Universal
(RCA/1978)[SOLD]

一枚目よりかなり洗練され、一般的には彼らの最高作と
されるセカンド。一曲目のChega Mais、Marcos
ResendeのVerも知られるVidigalなど、全編ファンキー
&アーバンなトラック揃いです。B-1の”二月のリオ”
カッコ良い。
ジャケ薄いスレ&リングウェア。
盤には薄いスレ程度。再生は比較的良好です

Ed Motta & Conexao Japeri/Same
(Warner/1988)[SOLD]

近年ではすっかり重鎮の風格漂うEdの処女作。後に単独
名義作を出すConexao Japeriとの連名作で、当時のRio
産ソウルの先端を行くエレクトロ・モダン・ファンク集に
なっています。メロウな2step「Seis Da Tarde」、
「Baixa Rio」はサンパウロで現在も人気高いクラシック
です。ジャケ薄いスレ、右上レコード店シール貼。
盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

Lady Zu/A Noite Vai Chegar
Philips/1978)[SOLD]

ブラジルでもLate70’s~80’sにかけて相当数出てきたDisco
Divaの中でも飛びぬけた知名度を誇るLady Zuの最初のLP。
白人SSW Peninha作”Novidade”や表題曲を始め、
メロディーラインのしっかりしたソウルフルなトラックを
多数収録しBrazilian Disco定番LPです。
ジャケごく薄いスレ、底抜け補修。
盤にはA-5に薄い横キズあり、薄いノイズが出ます。
あとは薄いチリスレ程度で悪くないコンディション。

Sergio Mallandro/Same
RCA/1982)[SOLD]

McFadden and Whitehead”Ain’t No Stoppin’ Us Now”
そっくりな”Mas Que Idea”で知られるエロの伝道師Sergio
Mallandro82年のLP。同ジャケでシングルもありますが、
このLPの存在は意外に知られてない?Let’s Groove的
ヴォコーダー使いの”Proffesor De Amor”、Jair
Rodrigues”Deixa Isso Pra La”カヴァーなど、
ブラジル人のツボを突くサウンドメイクのダンサブルな
トラックが並びます。
ジャケスレ、リングウェア、左上テープ張りなど多少の
経年感。盤にはごく薄いスレ、ヘアラインのみで再生良好
です。

Caetano Veloso/Uns
(Philips/1983)[SOLD]

長年連れ添ったA Outra Banda Da Terraとの最終作。
Perinho SantanaやRobson/Lincolnなどソウル系も参加、
彼にしては珍しいソウルフルなSalva Vidaをモノにして
います。また、カエターノ自身もお気に入りと語るUns、
美しい広がりを持ったバラードVoce E Lindaなど中~後期
の名曲も収録、様々な層から近年再評価される一枚です。
ジャケごく薄いスレ。盤キレイです。