8/6: 新入荷LPの紹介です。

本日は、各ジャンルのLPをピックアップして紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telより承ります。

週末のご来店、ご質問をお待ちしています。

Luiz Eca/Brazil 70
(Philips/1970) [SOLD]

Tete Espindola/Ouvir
(Independente/1991) [SOLD]

Gil Scott-heron/Brian Jackson/Secrets
(Arista/1978)¥6600

処女小説The Vultureで世に出た詩人/パフォーマー。自らをBluesicianと呼び、常に自らのルーツ/資質に忠実に作品を紡ぎ続けたユニークな存在感も含め、2011年に死去、近年、さらにファンを増やしています。本作は、Gilが80年代に極めたエレクトロファンク路線のプロトタイプと言える、”Angel Dust”、”Angola,Louisiana”など、この時代の代表曲がぎっしり詰まったClassic-LPです。ジャケノーカット、薄いスレ、リングウェア、角スレなど。インサートスレ、シワ、抜けなど。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Enrique Lynch Y Su Conjunto/Sexympacto!
(Sono Radio/1971) [SOLD]

Jorge Ben/A Banda Do Ze Pretionho
(Som Livre/1978) [SOLD]

Vicki Lawrence/Newborn Woman
(Windmill/1979) VG+/VG+ 3960

数枚のLPをリリースする、女優/コメディアンのサードLP。彼女の作品では、今日では一番知られる1枚でしょうか?メロウ至極な”Never Gonna Let You Go”始め、AORファンに名高いNorman Sallittが楽曲を提供し、この手のファンに人気高い作品です。ジャケノーカット、薄いスレ、汚れ、角スレ。インサート薄いスレ、折れ。盤にはごく薄いスレ、紙スレ程度、再生はなかなか良好です。

Leon Thomas/Full Circle
(Flying Dutchman/1973) ¥2970

Pharoah Sahdersグループのフィーチャリングシンガーとしても知られ、独自のヨーデル?風スキャットがOne & OnlyなLeon Thomasの、Flying Dutchman/70年代の最終作。これ以前の作品よりモダンに洗練され、Funk/Jazz Funk的な味わいもチラホラ。Neal Cliqueのクールなリフ、Richard Davisの反復性高いベースがキモな、”It’s My Life I’m Fighting For”、”Balance Of Life (Peace Of Mind)”、情感ある唄声がたまらない”I Wanna Be Where You Are”カヴァーなど収録、ジャケ軽いスレ、汚れ、角&縁スレ、底抜け補修跡。盤にはごく薄いスレ、ヘアライン程度。

Islo Mob/Wir Sind Das Abendland
(Mercury/1985) ¥2200

アバンギャルドさも併せ持つ、時代の徒花的な独popデュオIslo Mob恐らく唯一のLP。6/8のソリッド&フローティンなSynth-Groove”Kaffee Und Kuchen”ナイス。ドイツ盤。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ、取り出し口に薄いスレ。インサート薄いスレ、汚れ。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。