7/9 : 新入荷商品の紹介です。

本日は、Brazilian-LP&7inchをアップ致します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telより承ります。

週末のご来店、ご質問をお待ちしています。

Trio 3-D/Tema 3-D
(RCA/1964) [SOLD]

Beto Mondadori/Caras De Bronze
(CB Discos/1989) [SOLD]

Leyve Miranda/Nova Civilizacao
(LM Discos/1982) [SOLD]

Wilson Simonal/Brasil,Eu Fico/Cancao No.21…ETC…
(Odeon/1970) ¥5940

1970年の”Simona-LP”と同年にリリースされた数枚のCompactoのうちの一枚。本作収録曲は、当時J.B.に傾倒していたSimonalが吹き込んだものの、ファンキー過ぎて先述LPには収録できなかったトラックと言われています。Som 3と思しきホーンリフの効いたソリッドなSamba Soulなバックに、ブラジル都市名を愛情深くラップする「Brasil, Eu Fico」、頭&中盤の爆裂ブレイクが効いたSamba-Funk「Cancao No.21」など収録、彼の作品中最もファンキーな人気作です。ジャケ軽いスレ、汚れ。レーベル面描き込み、放送局スタンプ。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Edu Lobo/Limite Das Aguas
(Continental/1976) [SOLD]

Marlui Miranda/Revivencia
(Memoria/1983) ¥4950

Egberto Gismontiの制作で”Olho Dagua”をリリースしている、インディオの血を引く女性SSW Marlui Mirandaの先述作に続くセカンドLP。メンツはNelson Ayresを始め、Nico Assumpcao/Andre Geraissati/Roberto Sion他Brasilian-Jazz界の手練達に代わっていますが、音の感触はさほど変化なく、Marluiのミュージシャン・シップの高さが伺われます。全体的には素朴なBrasilian-Folk然としたトラックが並びますが、Surui族のトラッド曲”Cancao Surui”の素朴なユニゾンVo、対して空間を生かした広がりあるアレンジのTimonなど、プリミティヴさと洗練のバランスがユニーク。Gismonti制作と見まがうようなギターの細かいリフとタブラ使いのRepente Camaleaoなどもあります。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ。インサートすれ、汚れ。盤なかなかキレイで再生良好です。

Jorge Ben Jor/Benjor
(Warner/1989) ¥3520

Jorge Ben Jor改名後初のLP。当時人気のプロデューサーLiminhaが制作を担当、いつものカッコいいSamba Boogie”Pega Ela De Montao”、”Norma Jean”はもちろん、シンセ浮遊する新路線なNice Mellow”Cowboy Jorge”もカッコいい。King Sunny Adeとの共演曲”Mama Africa”もGroovyです。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ。インサート軽いスレ、汚れ。盤にはごく薄いスレ、ヘアラインのみで、再生良好です。

Marcos Valle/Estrelar/Fogo Do Sol
(Som Livre/1983) [SOLD]

Stelio Valle/Brilho
(Independente/1982) ¥3850

ブラジル北部フォルタレーザ出身のSSW 、Stelio Valle自主レーベルからの初期作。彼の故郷近くのRecife発祥のFrevoや、Forroなどをベースにしつつ、Tulio Mourao/Marcos Ariel/Tiao Netoなど器楽系好メンツを配し、モダンにアレンジされたトラックが揃った知られざる好作です。ポップでメロディの良い”Sorvete”、アープシンセ浮遊するメランコリックな”Abolerando”、ダンサブルなModern Forro”Bico De Pena”など収録。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ、右下シール跡、スタンプ押。インサートすれ、汚れ。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。