12/22: 新入荷LPの紹介です。

今日ブラジルから新品のレコードが届きました。

レジェンド級のベテランから、新進気鋭のニューカマーまで、一本筋の通ったタイトルをリリースするリオの新興レーベルRocinanteから、配信Onlyだったタイトルが一挙アナログ化されました。

既に各方面で話題のJoao Donato & Jards Macale/Sintese Do Lanceをはじめ、 温故知新/覧古考新な内容バッチリの5タイトル。

※限定生産品につき、入荷数はあまり多くありませんので、お早めの確保をおすすめ致します。

Joao Donato & Jards Macale/Sintese Do Lance(Rocinante/2021)[SOLD]

2021年のベスト・ニュー・リリースの一つ。レジェンド2人による豊潤なNew Calssic.

Nelson Angelo/O Pensador(Rocinante/2019)¥4400

言わずと知れたMinasの才人/Clube Da Esquinaの異端児/Joyceの最初の旦那さん
Nelson Angelo2021年作。

Bernardo Ramos Quinteto/Cangaço(Rocinante/2019)¥4400

エルメートフリークにお馴染み、Itiberê Orquestra Famíliaのメンバーとして永らく活動したギタリストBernardo Ramosのキンテート作品。

Marcelo Galter/Bacia Do Cobre(Rocinante/2021)[SOLD]

Letieres Leite Quintetoの鍵盤奏者Marcelo Galter、2021年の初リーダー作。

Thiago Amud/Sao(Rocinante/2021)[SOLD]

Rio発のムーブメント”ブラジル先鋭派”の雄、Coletivo Chama出身のSSW、Thiago Amud2021年作。ポストGuingaと評される美しい作品。