12/15: 新入荷LPの紹介です。

本日のブログ更新は、新入荷LPから、各ジャンルセレクトして紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

本日12/15(水)は、定休日のためお休みを頂きます。

木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Ze Eduardo Nazario/Poema Da Gota Serena
(Lira Paulistana/1983) ¥36300

鍵盤奏者のLelo Nazarioと共に、Egberto Gismonti、Hermeto Pascoalと共演したり、兄弟でGrupo Umを率いたりした打楽器奏者Ze Eduardo Nazarioの、グループ一期の最終作”A Flor De Plastico Incinerada”と同年にリリースされた初のソロ作。自身で多重録音されたカリンバ、タブラを含む世界中の打楽器に、Lelo のシンセが乗る一大音絵巻。Grupo Um関連作でも極めて人気高いワンアンドオンリーな大名盤です。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ、角スレなど。盤には目立ったスレ等見られず、再生良好です。

山下洋輔トリオ/ミナのセカンドテーマ(Mina’s Second Theme)
(Victor/1969) ¥7700

山下洋輔と中村誠一&森山威男のトリオ、69年の初スタジオ録音作。67年のカルトムービー”荒野のダッチワイフ”に使われたアバンギャルドな表題曲A-1、タイトル通り、”ロイハニ(BACD)”の4音で始まる美しい”ロイハニ”、当時のライブでラストナンバーだった”グガン”、全3曲収録のJap Free Jazz人気作。SMJX-10075/gate Holdカヴァー69年の初期プレス。帯なし。ジャケスレ、リングウェア、汚れ、角&ふちスレ等多少の経年感。盤にはごく薄いスレのみで再生なかなか良好です。

Rimona Francis/Same
(MPS/1978) [SOLD]

Milt Matthews Inc./For The People
(Catalyst/1971) ¥3850

Early70’sに、Milt Matthews Inc.というグループ名義でフォーク作品やBlack Rockテイストをリリース、後にソロ名義でもLPを出すシンガー/ソングライター Milt Matthewsの最人気作セカンド。Pokora本にも掲載された事でも分かるように、ファズギター全開のBlack Rockあり、New Soul風のトラックありと、様々な層に知られるタイトルです。ノーザンタイプの70’sメロウ”Oh Lord”のような真っ当なSoulトラックもあります。ジャケ軽いスレ、汚れ、角スレ。盤には薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Millie Jackson/It Hurt So Good
(Polydor/1973) ¥2860

シンガー、ソングライターとしてだけでなく、プロデューサーとしても名高いGeorgia出身のMillie Jackson。本作はドープ&メロウネタ曲”I Cry”を収録した、近年では彼女の代表作とされる一枚。深い音像と南部産ならではのやさぐれ感も全開のファンキーソウルA-2&B-4もGood!! 当時の日本盤。帯&ジャケ軽いスレ、汚れ。インサート薄い汚れ。盤にはごく薄いスレ程度、再生良好です。

Big Horns Bee/Corega
(Born Sigh Records/1987) [SOLD]