11/30: 新入荷LPの紹介です。

本日のブログ更新は、新入荷LPから、各ジャンルセレクトして紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

明日12/1(水)は、定休日のためお休みを頂きます。

木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Toninho Horta /Terra Dos Passaros…
(EMI/1979) [SOLD]

Ricardo Bezerra/Maraponga
(Epic/1978) [SOLD]

Celio Balona/Voo Noturno
(Bemol/1986) [SOLD]

Ernie Ranglin/True Blue
(Rooney Records Inc./1989) [SOLD]

Kenny Barron Trio/Imo Live
(Whynot/1983) ¥3300

優れた海外Jazzの日本企画盤をリリースした、Trio傘下の名門レーベルWhynotからの、ライブハウス”いもハウス”での録音盤。Buster Williams/Ben Rileyとのトリオ編成、Jazz Sambaらしい跳ねと美しさの”Black Orpheus”をはじめ、のちに新主流派の巨匠になった彼らしい、軽快でスリリングな名演揃い。帯&ジャケに薄いすれ、多少のしみ汚れ。インサート焼け、しみ汚れ。盤キレイで再生良好です。

鈴木さえ子/Studio Romantic
(Dear Heart/1987) [SOLD]

Spells/Can’t Get Enough
(Speak No Evil Records/1989) ¥2970

甘茶ソウルファンに知られる西海岸のシンガーSpells89年のLP。Delfonicsカヴァー”Somebody Loves You”収録のLove Sideは、New Jack風味あるキレイ目なトラック揃い。硬質なエレクトロサウンド横溢するAnimal Sideもなかなか良いです。US盤。ジャケごく薄いスレ、角折れ。盤なかなかキレイで再生良好です。

Merge/Same
(RCA/1982) ¥2200

Carl Davis/Eugene Record/Sonny SandersらChi-Lites組制作による、シカゴのセルフ・コンテインド・グループMergeの唯一作。AZ/Statik Selektah”We Movin'”でサンプリングされたグッドメロウ”What Makes You Wanna Lie To Me”収録盤。その他、タイト&アーバンなModern Boogie”Take It To The Top”、ソウルフルなMid”You’re My Everything”も良いです。シュリンク破れ/ノーカット、ごく薄いスレ。インサートスレ、汚れ。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Michael & Greta Blanchard/Canticle
(Koinonia Records/1973) ¥2970

本作以後も優れたSSW/Pre-AOR路線の作品をリリースしたマサチューセッツのSSW Michael Kelly Branchardが奥さんのGretaとのデュオ名義で出した恐らく最初の作品。先述作とは趣を異にするライトなアシッド感も表出するFok系SSW作品です。次作曲のプロトタイプと言えるThree SoldiersやBlue Chicoryがオススメのトラック。ジャケスレ・リングウェア・汚れ。底抜け補修跡等多少の経年感。リリック付きのインサートにカビ汚れ。盤には音にさほど影響ないと思われるスレ、紙スレ、小キズ少々。