11/23: 新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LP/7inchを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

明日11/24(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Rogério Duprat Orquestra E Côro/Nhô Look” As Mais Belas Canções Sertanejas (Polydor/1970) [SOLD]

Papete/Agua De Coco
(Discos Marcos Pereira/1980) [SOLD]

Darcy Da Mangueira/Amigo Da Felicidade/Caue-Caua
(Continental/1974) [SOLD]

Caetano Veloso/Araca Azul
(Philips/1973) ¥5830

帰国後、初のLPとなる73年作。タイトル通り肉声だけで構成された”De Conversa”やファズギターがうなり、エンディングでファンキーに展開する”De Cara”、Afro Brasileiraな”Suger Cane Fields Forever”など、この時期のカエターノを象徴するようなトラックがある一方、口笛入りの美しいSamba”Tu Me Acostumbra”、子供達に捧げたこちらも美しいSamba”Julia/Moreno”などもあり、この時期までのCaetanoのショーケース的内容の作品と言えると思います。Philips Gate Hold/コーティングジャケ/青銀ラベルStereo。ジャケ薄いスレ、汚れ等。インサートしみ汚れ、折れ。盤には薄いスレ、ヘアライン程度で、再生なかなか良好です。

Flavio Venturini/Andarinho
(EMI/1984) ¥4180

O Terco/14Bisなどのグループでも活動し、ムジカ・ミネイラの一側面であるブラジリアン・ロックの重要人物でもあるSSWのセカンドLP “旅”。前作”Nascente”と比べ時代のエレクトロニック感を纏った、浮遊感あるシンセ使いが効いていて、近年では1stより評価する人も増えてきました。もちろん彼の儚げなファルセットVoの生きた、清々しく柔らかな所謂”ミナスらしさ”も健在です。柔らかで清々しいミディアムAOR”No Trem Do Amor”あたりが新機軸。またToninho HortaやNana Caymmiが参加した”Solidao”はかの地を思わせる、牧歌的かつ美しい広がりを持った静かなる名曲。MiltonとのデュエットVoが聴ける”Anjo Bom”やミナス・バラッドの定型と言える”Preciosa”もフラヴィオの代表曲の一つとしたい、美しいトラックです。ブラジルEMI初期プレス。ジャケスレ、リングウェア、背表紙に強めのスレ。インサート薄いスレ、汚れ。盤にはごく薄いスレ程度で再生良好です。

Pedrinho Mattar E Seu Conjunto/Bossa-Nova
(Faroupilha/1963)[SOLD]