9/15: 新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、各ジャンルセレクトして紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール/Telから承ります。
本日9/15(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Luiz Carlos Vinhas/No Flag
(Odeon/1970) [SOLD]

Larry Black/Streaking/One, Two,Streaking
(RCA/1974) [SOLD]

Frank Köllges/Drums, Voices, Knispel Nie
(Metram7/1977)¥5500

独インダストリアルバンドの雄Die Kruppsにも在した、デュッセルドルフ出身の打楽器奏者Frank Köllges77年の初リーダー作。打楽器と声のみで紡がれた異色作です。Side-Bをまるまる使った、自身のラップ?スキャット?唸り声?意味不明な言語?を配したソリッドなDrum BreakだらけのGroovyな”Ehh, Hör ‘ma”がクール。ジャケ軽いスレ、汚れ、角&フチスレ。盤に全体的にはごく薄いスレ程度ですが、B面中盤に数ミリのプレスミス?あり数周軽いプチノイズ出る為特価です。

Clarence Reid & The Funky Party Band/Child Support/The State Attorney’s Theme (Bound Sound Records/1984) [SOLD]

Island Band/I’m Your Captain
(Sea West Records/1982) [SOLD]

Pam Brooks/Touching The Curve
(Perpetual Motion Records/1983) ¥2420

コロラドマイナーPerpetual Motion Recordsからの、黒人女性シンガーPam Brooks83年作。デンバー/コロラドらしいカントリー色は皆無、Carole King/Laura NyroラインのJazzy &Mellowな”This Thing About Roses”、”Popular Song Blues”をはじめ、Late70’s感を残したFolk〜Jazz Vocal〜SSW〜Soulなどの要素が絶妙にクロスオーバーする良作です。ジャケノーカット、シュリンク破れ、取り出し口薄いスレ。インナースリーヴ取り出し口に小さな切れ。盤には薄いスレ、ヘアライン程度、再生はなかなか良好です。