12/22: 新入荷商品の紹介です。

新入荷LPの中から、Brazilian-LP&7inchを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

明日12/23(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています

Ana Mazzotti/Same
(Top Tape/1974) [SOLD]

Neco/Ponta De Sambaqui
(Engenho/1982) [SOLD]

Cesar Costa Filho/Seu Preco/Vermelho E Branco
(Continental/1978) [SOLD]

Mario Avellar/Nasceu
(Coomusa/1980) ¥4400

Luli E Lucinha/Nilson Chavesなど、リオのマイナーレーベルNos La Em Casa周りのミュージシャンが参加したSSW Mario Avellar80年作。先述のNIlsonの1枚目”Danca De Tudo”に近似値なソフト・フォークの良作です。呪術的なコーラスと簡素なパーカッションに女性コーラスが乗るAfro-Brasileiro”Cachoeira Agua”、牧歌的なメロディーとLucinha?らしき美しいスキャットの対比が気持ち良い”Alma Viajante”、MarioとLuli&Lucinhaの共作曲”Bem-Te-Vi”、冒頭のピチカート音始め、弦アレンジが秀逸な、Luli E Lucinhaがリードと取る”Fragil”など、注目曲は枚挙に暇ない良作です。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ、小さいシール添付。盤にはごく薄いスレ程度で再生良好です。

Aquarela Carioca/Same
(Novas Direcoes/1989) ¥2970

才人Marcos Suzanoを始め、Lui Coimbra、Mario Seveなどブラジリアン・インスト界の手練達が集結し、現在も活動を続ける名グループの処女作。この時代のブラジル器楽音楽らしく、アフロ・カリヴ音楽や自国のChoro/Sambaの要素が無理なく融合した素晴らしい作品です。Doller Brand”African Marketplace”のカヴァーA-2、デッドなサンバのリズムと優雅なチェロのフレーズが怪しい絡みを見せる”Cascavel”、Visom系らしく音響的にも一捻りあるChoroの”Nao Adianta Chorar”、Suanoのパンデイロ・ソロから入り、疾走感と美しい管弦アレンジが堪らない”Carnaval”などユニークかつブライトなトラック揃いです。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ、右上丸シール添付。盤には薄いスレのみで再生はなかなか良好です。