10/9: 新入荷商品の紹介です

新入荷商品の中から、Brazilian LP&7inchを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

週末のご来店、ご質問をお待ちしています。

Trio Maraya/Pra Que Lagôa, Se Eu Não Tenho Canôa / Acertando O Passo
(Copacabana/1970) [SOLD]

Grupo Candombe/Tu Eres / Five O’Clock Tea /
Brazilian Summertime Forever / Carnavais De Sonho
(CBS/1975) ¥11000

ソロデビュー前のDon Beto率いる、ブラジル在住のウルグアイ人によるファミリーグループ。英語詞2曲、ポルトガル詞2曲のソフト・ロック・テイストの美しいトラックが並び、近年ではソロ作同様に人気高まるシングルです。Donがのちに再演している”Brazilian Summertime Forever”始め、英語圏の70’s Soft&Mellow Rockの影響濃厚な、甲乙つけがたいトラック揃いの傑作です。珍しいインサート付属。ジャケ軽いスレ、焼け、汚れ、シール添付等。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Marinês E Sua Gente/Maria Coisa
(RCA/1965) [SOLD]

Luli E Lucina/Amor De Mulher/Yorimata
(Nos La Em Casa/1982) ¥7920

Musicanossa運動に携わったLuliと妹のLucinaのデュオ作2作目。人気の前作に続き、Folk調のシンプルなバックに彼女らの儚げなVo/Scatが乗るBrazilian-Folkの名作です。パーカッションメインのカンドンベ・トラックAloja Yang/Gira Das Ervasもカッコ良い。Gate Hold Cover/初期プレス。ジャケごく薄いスレ・角スレ。インサート薄い汚れ。盤には目立ったスレ等見られず再生良好です。

Mario Adnet/Pianeta Azul
(Independente/1983) ¥6800

Alberto Rosenblitとのデュオ作が人気高く、近年では小野リサのミュージカルディレクターを務めたり、素晴らしいソロ作もリリースしている彼の1stソロ。Rioマイナーからのリリースながら、Joyce/Olivia Byington/Ceu Da BocaらVo陣、Barca Do Sol組のNando Carneiro&Jaques Morelenbaum、OpaのHugo Fattorusoらをバックにどこか同時期のミナス産MPBと近似値な浮遊感ある美しい作品集になっています。Joyceとデュエットしたあまりに美しすぎるタイトル曲A-1、デュオ時代を彷彿とさせるタイトで洗練されたインスト”X-42″、Jaques大活躍の”Pim Pim”他収録。トータルで素晴らしい名作です。ジャケ薄いリングウェア・スレ・軽いヨゴレ、書き込み。 インサートやけ、汚れ。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。