1/3: 新入荷LPの紹介です。

2020年最初の新入荷更新となります。
営業開始は明日1/4(土)からとなります。

本年もよろしくお願い致します。

本日はJazzカテゴリーのLPを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・telから承ります。

週末のご来店をお待ちしています。

Charles Sullivan/Genesis
(Strata East/1974) ¥16500

Stanley Cowell、Sonny Fortune、Dee Dee Bridgeaterなど盟友達が参加した、トランペッターCharles Sullivanの最初のLP。リリカルで幻想的な”Evening Song”、クールなFunky Jazz”Field Holler”、いかにも同レーベルらしいルーツ回帰的なアフロワルツ”Genesis”など収録。SES-7413初期プレス。ジャケ小ホールカット、軽いスレ、汚れ、角スレ。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Pucho And His Latin Soul Brothers/Yaina
(Right-On Records/1971) 〔SOLD〕

Billy Marcus Quartet/The Last Ride On The Bus
(Travelers Production) 〔SOLD〕

Don Friedman/Hope For Tomorrow
(East Wind/1975) ¥3850

西海岸出身ながら、Evans直系のプレイで数多のセッションに重用された白人ピアニストDon Friedmanの日本制作盤。後半のドラム・ブレイクが嬉しいHeadhuntersタイプのミディアム・ファンク「Hope For Tomorrow」、クールかつ浮遊感あるエレピが前半、低音の数弦が後半のリードラインをとる展開がユニークな「Beedies」など、凡百のFusion作品とは一線を画す骨太でイマジネイティヴな好トラックが並びます。帯なし。ジャケごく薄い焼け。インサート薄い汚れ。盤にはスレ等見られず再生良好です。

V.A./Percussion Profiles
(Japo/1977) 〔SOLD〕

John Critchinson/Summer Afternoon
(Coda/1982) ¥2200

英ジャズクラブ”Ronnie Scotts”のハウスバンドにも在籍したピアニストJohn Critchinsonの82年作。レーベルメイトのDick Morrisseyなど英の名手たち参加、表題曲”Summer Afternoon”や、スリリングな”Yet Another Yesterday”、Clare Hammillボーカル入り”Love Lies Bleeding”、パーカッションの効いたLatinタッチの”La Pigalle”など収録した、繊細でキレのあるタッチのピアノが美しい、80’s Piano Trio+αな味わいの名作です。UK盤。ジャケ薄いスレ、汚れ、リングウェア、底抜け補修跡。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。