9/3: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、各ジャンルのLPをピックアップして紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

明日9/4(水)は定休日につきお休みをいただきます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Nohelani Cypriano/Nohelani
(Hanaola/1979) 〔SOLD〕

Nathan Jones/First LP
(Blue Rock Records/1973) ¥7560

Dimensão 5のメンバーだったり自身のグループで活動していたりと言われていますが、詳細は謎に包まれたBrazil?のSSW Nathan Jones恐らく唯一のLP。Paul BryanやChristianなど、英語名前のブラジル人アーティストをリリースしていたレーベルBlue Rockからの一枚で、同時期のPaul BryanのLPに近似値な、ソフトで洗練され、ちょっぴりGroovyな英語詞70’sポップの洪水。ポールのLPがおすきな方は気に入って頂けると思います。切ないメロの”April Foolish Day” 、メランコリックな”Fool The Love”あたりが特にオススメです。ジャケ薄いスレ、汚れ。取り出し口軽い傷み。底抜け補修跡。盤にはごく薄いスレ、ヘアライン程度、再生はなかなか良好です。

Rance Allen Group/Say My Friend
(Capitol/1977) ¥6800

60年代から活動する兄弟ゴスペルグループの異色作。LAモータウンやジャズファンク期のBlue Noteなど70年代に先鋭的なサウンドを創っていたLarry &Fonce Mizell制作のモダンゴスペル作品で、アーバンでエモーショナルなミディアム”Reason to Survive”やいかにもMizell Brosらしいタイトなリズムアレンジが印象的な”Peace Of Mind”収録。77年のWay It Isとと同内容ですが、こちらのメンバージャケ仕様が初期プレス。ジャケにはホールカット、軽いスレ、リングウェア、汚れ程度。インサート抜け、折れ、汚れ、ホールカット。盤にはごく薄いスレ程度で、再生なかなか良好です。

Seldon Powell/Messin’ With…
(Encounter/1973) ¥3860

ヴァージニア出身のサキソフォニストSeldon Powell73年作。Bernard Purdie制作で、彼の中でもRare Grooveファンに人気高い一枚です。”I Wanna Be Where You Are”や”Back Stabbers”などソウルカヴァーも良いですが、自作の2曲、クールなJazz-Funkの”Messin'”、フルートがリードする足早なSoul Jazz”Afro Jazz”はさらにかっこ良い。ジャケ軽いスレ/ノーカット、軽い焼け。盤には薄いスレのみで再生良好です。

Daniel Sahuleka/Sunbeam
(Polydor/1981) ¥3240

オランダ在住のインドネシア人SSWDaniel Sahulekaの、最も知られた81年作。彼らしい、いいメロを持ったMid Boogie”Ev’rybody Feel The Groove”、”Loraine”、黄昏メロウ”Tears For The Stars”、エレピ&シンセ浮遊する、敬愛するStevie Wonderライクな”Temptation’s Stronger”など総じて良く、最高傑作の一つとされるのも納得の名作です。オランダ盤。ジャケごく薄いスレ。インサート薄いスレ、抜け。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

鈴木勲ウィズ山本剛/サンバ・クラブ
(Paddle Wheel/1981) ¥3240

ジョージ川口/渡辺貞夫らのグループでも活躍した高名なベーシスト、鈴木勲の”黒いオルフェ”に続くブラジル音楽縛りのLP。加藤崇之(Gt)、土井一郎(El-P)、ドナルド・ベイリー(Dr)他参加。足早でサウダージな”Overture”、山本剛大活躍の”Tenderly”など良いです。帯&ジャケ軽いスレ、汚れ。インサートごく薄い焼け。盤なかなか綺麗です。

ジョー山中/レゲエ・ヴァイブレーションII
(Black/1983) 〔SOLD〕

Mike Carr’s Cargo/The Album
(Cargo Gold/1987) 〔SOLD〕

Lloyd Miller Trio/Same
(Jazzman/2010) ¥2640

“Oriental Jazz”が知られるユタ州在住のジャズマン、ロイド・ミラーの2010年新録4曲入りEP!Funky Drummer Malcolm Catto、HeliocentricsのベーシストJake Fergusonとのトリオ編成で、欧州、中東でキャリアを重ねて磨かれた独自のアブストラクト/スピリチャルジャズを展開した人気作です。盤にはごく薄いヘアライン程度、再生良好です。