7/12: 新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian LP&7inchを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・telから承ります。

週末のご来店をお待ちしています。

Cornelius/Enquanto Houver Amor/Deixa
(Continental/1979) 〔SOLD〕

Papeti/Leila/Pensoposi
(Underground/1973) 〔SOLD〕

Caetano Veloso/Joia
(Philips/1975) ¥10800

同年リリースの”Qualquer Coisa”と同時期の録音ながら、沈み込むような浮遊感に満ちた、ミニマル・フォーク然としたトラックを多数収録、今再評価したい75年の傑作。Djalma Correaの親指ピアノとの対話”Gua”、呪術的な”Joia”、決してベタにならない美しい弾き語りBeatlesカヴァー”Help”など収録。自身が描いた家族の裸の絵ジャケの初期プレス。ジャケスレ、汚れ、角&縁、背表紙スレ。盤には薄いスレのみで再生はなかなか良好です。

V.A./OST/Selva De Pedra
(Som Livre/1972) ¥9800

1曲を除き、Marcos Valle & Paulo Sergio Valle曲で締められたノヴェラ”石の森”サウンドトラック。Madlib/Madvillain”Raid”のメインループに使われたOsmar Milito&Quarteto Forma名義曲”America Latina”収録LPです。高名な現代音楽家Marlos NobreのオーケストラによるAfro-Brasileiro「Rhythmetron」、ノヴェラ本編ではオープニングに使われた、ストリングスとコーラスが昇る表題曲A-5もヨイデス。ジャケ軽いスレ、リングウェア・汚れ等。盤には薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Carlao/Liberdade Vadia
(Indepnedente/1981) ¥7800

他作品のソングライトやアレンジで名前を見かけるSao PauloのSSW。初期CGっぽい安っぽいジャケが気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、全く心配いりません。エレピたゆたう Pre-AORから幾分AcidなMellow-Folkスタイルまで駄曲は一切なく、80’sのブラジル産マイナーSSW/AORの中でも屈指の出来だと思います。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ。インサート薄いやけ、汚れ。盤にはごく薄いスレ程度で再生良好です。

Shampoo/Same
(RCA/1983) 〔SOLD〕

Morris Albert/The Throat
(Charger Records/1973) ¥4860

“Feelin'”の大ヒットで世界中で知られる盲目のSSW。実はブラジル人で、本国でもいくつかの作品を出しています。本盤はヒット以前のシングルオンリー。ブラジル本国のDJには定番のFunky Rock好曲です。Side-Bインスト。盤にはスレ少々、再生はなかなか良好です。

Ronnie Von/Sinal Dos Tempos
(Som Livre/1981) ¥3240

Jovem Guarda界のプリンスRonnie Von、Mix Pirre制作の81年作。ほぼ全てのトラックにLincoln Olivettiが関わっているのが本作のキモ。特にDon Betoソングライト、アレンジをOlivettiが手がけたタイトなモダンソウル”Cicatrizes”がイチオシです。ジャケ軽いスレ、汚れ、右上小シール添付。インサートごく薄いしわ、盤にはごく薄いスレ、ヘアライン程度で再生なかなか良好です。