6/11: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

明日6/12(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Osmar Milito/Nem Paleto,Nem Gravata
(Atco/1973) ¥45000

一枚目より緻密さと完成度を増した、近年では彼の最人気作と言える2nd-LP。Re-editもあるFunkyな”Morre O Burro…”、Cesar Costa Filhoのメランコリックな”Dose Pra Leao”、近年Alcioneのテイクも人気のBitter Samba”Tem Dende”収録。ジャケ薄いスレ、汚れ、取り出し口軽い傷み。盤にはごく薄いスレ程度、盤面には経年感薄く、再生はなかなか良好です。

Hermeto Pascoal E Grupo/Festa Dos Deuses
(Philips/1992) 〔SOLD〕

Itamar Assumpção ‎/Às Próprias Custas S.A.
(Isca/1982) ¥7800

サンパウロロックの雄/パーカッショニストItamar Assumpcaoと彼のグループによる82年のライブ盤。スタジオ録音と遜色ない音の良さもあり、彼らの代表作の一つとされる傑作です。Arrigo Barnabe関連始め、サンパウロロックの中核で固めたメンツによる、英米Rock/Black Music/Dubなどをない交ぜにしたサウンドは、Jards Macaleの1stを80年代に持ってきたような(B-1では御大も参加)猥雑でスリリングでファンキー。ベースがリードする彼ら流Funk”Amanticida”のように、ポップで人懐っこい味わいもあり、ブラジル中古レコードの新しいトレンドの鍵を握っている一人ではないかと思っています。Red Vinyl初期プレス。ジャケ薄いスレ。インサート薄いしわ、汚れ。ペラ紙ブロマイド?付属。盤にはごく薄いスレ程度で再生なかなか良好です。

Flavio Fonseca/Luz do Ar
(Independente/1989) ¥5400

Antonio Adolfoから、Leila Pinheiro/Nivaldo Ornelas/Marcos Suzanoまで参加したリオのSSW Flavio Fonseca89年作。Leilaが唄うストリングス&ピアノをバックにした儚げな表題曲A-1から、牧歌的なパートから徐々にフリーキーに展開するインスト“ExercicioN.3″、FlavioのヴィオラォンとNando Carneiroのシンセの対話”Janaina”、ミナス系MPBを想起させる”EC”や“Tchauzinho A Parte”まで、今だから分かる素晴らしいトラック揃いです。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ。インサート薄い汚れ。盤にはごく薄いスレのみで再生良好です。

V.A./Chico Rei
(Som Livre/1985) ¥5800

コンゴから奴隷として連れてこられ、ミナス・ジェライスで王となったと言われる伝説のキャラクターChico Reiの歴史映画のサウンドトラック。制作はMilton NascimentoとWagner Tisoで、伝説的女性サンビスタClementina De Jesusをフィーチャーした、80’s Afro Brasileira作品の傑作です。Miltonの唄うスケールの大きな美しい大名曲”Santa Efigenia”、世界的にも評価されるリオの伝統音楽継承バンドGrupo Vissungoによる、どす黒いAfro Brasileira”Ulelele”、浮遊感あるミニマル・フォルクローレ”Niangas”、そして同グループをバックにOne & Onlyな歌唱を聴かせるClementinaのA-2&6他収録。ジャケ薄いスレ、汚れ。盤にはごく薄いスレ程度で再生良好です。

Caetano Veloso/Circuladô
(Philips/1991) 〔SOLD〕

Ulisses Rocha/Alguma Coisas A Ver Com O Silencio
(Visom/1986) ¥3860

3GuitarsのユニークなインストグループD’almaの核だったギタリストUlisses Rocha。Ugo Fattorusoの人気作「Oriental」にも参加、近年もインスト/MPB作品に重用される才人です。この1枚目では様々なパーカッションを用い、グループ時代よりバーサイタルなサウンドを聴かせます。ブロック系打楽器と彼のギターのシンクロぶりがタイトな「Violao E Vaso De Barro」、ビリンバウ使いのイントロが幻想的な「Marimbau」、Gismonti”Frevo”カヴァーなどユニークなトラック揃い。ジャケ薄いスレ、リングウェア。盤にはごく薄いスレ程度で再生良好です。