5/31: 新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian LP&7inchを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・telから承ります。

週末のご来店をお待ちしています。

Cassiano/Cuban Soul
(Polydor/1976) ¥32400

洗練されたModern Soul色が最も表出した76年の3rdーLP。 地を這うMellow Groove”Onda”、中期スライマナーのFunk”Central Do Brasil”、 華麗な”De Bar Em Bar”、そして”Hoje E Natal”、 “Colecao”、”Salve Esse Flor”ら、Sweet Soulマナーのスロウ群と死角なしのBrazilian Soul大名盤。ジャケ軽いスレ、汚れ、角&縁スレ、上下取り出し口付近割れ補修。盤にはごく薄いスレのみで再生なかなか良好です。

Mariana/Temperamental/Homem
(Columbia/1983) 〔SOLD〕

Nanni/Arco-Iris/Sol De Primavera
(CBS/1978) 〔SOLD〕

Ladston Do Nascimento/Vida
(Bemol/1991) ¥8640

マイナーミナス系作品の良作に、時折ソングライター、ヴィオロニストとして参加しているLadston Do Nascimento恐らく最初のLP。どことなくMiltonに似たLadsonの唄声とソングライトは、マイナーミナス音楽のレヴェルの高さと奥深さを垣間見せてくれます。、まるでミルトンが乗り移ったような、切ないメロディーの”Bluesamba”、Clementina De Jesusに捧げた深淵でスピリチュアルな”Reza Africana”も良いし、ジャジーに洗練された”Brasileiro”や“Baiao Dos Passaros”もかっこ良い。ジャケ薄いスレ、汚れ、右中程にLadsonのシグネイチャー。盤キレイです。

Arnaldo Baptista/Disco-Voador
(Baratos Afins/1987) 〔SOLD〕

Marcos Sabino/Reluz
(Polydor/1982) ¥4500

O Circoに参加後ソロに転身、幾つかの作品を残すRIoのSSWの出世作。Lioncoln Olivetti/Robson Jorgeを核とするUS西海岸ライクなサウンドで、当店では永らくAORファンに人気高い作品です。タイトなホーンアレンジとカッティングの効いたOctavio Brunier作”Aquela Paz”はBrazilian Soulファンにもいけます。ジャケ薄いスレ、リングウェア。インサート汚れ。盤にはごく薄いスレ、ヘアラインのみで再生良好です。

Beto Guedes/Andaluz
(EMI/1991) ¥3500

Live盤を挟んでリリースされた90年代最初のLP。完全人力によるオーガニックな味わいと、絶妙なシンセ使いなど、この時代ならではの洗練が同居する、あまり語られないものの素晴らしい内容の好作です。儚げな”Mulher”、切なくもポップなシャッフル・ビートの”Coracao E A Lei”、女性コーラスの効いたインスト”Leo O Menino”、など、いかにもミナスらしいトラック揃い。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ。盤なかなかキレイです。