3/22: 新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LP&7inchを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

週末のご来店をお待ちしています。

Best Of Friends/Daybreak
(Quartin/1971) 〔SOLD〕

Lennie Dale O Sambalanco Trio/Same
(Elenco/1965) ¥12960

アメリカ人振付師のLennie Daleがブラジルに渡り、Jazz-Trioをバックにリリースした諸作のうち本作は最も勢いあるスタジオ録音の2枚目。バックは全盛期のSambalanco Trioで、US産Voものでも定番曲となる”The Lady Is A Tramp”他、同トリオの勢いそのままに、疾走感がたまらない好トラックが並びます。Elenco ME-21/Mono。ジャケシミ、スレ、軽めのウォーターダメージ等。盤にはごく薄いスレ、ヘアライン程度、盤面には経年感薄く、再生はなかなか良好です。

William Senna/O Homem Do Madeiro
(Carmo/1985) 〔SOLD〕

Hyldon/Para Sempre/Rio De Janeiro-Brazil
(CBS/1978) ¥8640

Hyldon名義78年のNot On LP。”Rio De Janeiro-Brasil”は高揚感あるコーラスと、いかにもブラジルらしいバウンス具合が気持ち良い、Samba Soul名曲。最後までHyldonらしき声が聴こえないのが謎です、、、。レーベル面ラジオ局スタンプ。盤にはごく薄いスレ程度、盤面には軽年感薄く、再生はなかなか良好です。

Toto Mugabe/Nao Deixe A Vida Passar/Samba De Vaguarda
(Philips/1979) ¥7800

Totó & Cia Ltda名義でシングルを一枚残し、ソングライターとしてBlack系ミュージシャンに作品を提供したToto Mugabeの、同名義では恐らく唯一のシングル。切ないSamba Soul”Samba De Vanguarda”がかっこいい。盤には薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Joyce/Feminina
(EMI/1980) ¥6800

数多のアーティストにカヴァーされた名曲のオリジナル曲が収録された、80年リリースのマスターピース。彼女の代名詞的な”Feminina”収録盤ですが、いまなら、ミネイラの彼女らしいアコースティックな”Essa Mulher”、EDU LOBOライクな北東部マナーの”Banana”なども同様に評価したいです。ジャケ薄いスレ、汚れ、角&ふち軽いスレ。インサートごく薄いスレ。盤にはスレ、ペーパーマーク等、いずれも薄いもので、再生はなかなか良好です。

Beto Mondadori/Naturais Inventos
(Eugenho/1982) 〔SOLD〕

Fogo Baiano/Nada De Cor Nas Peles
(Copacabana/1988) 〔SOLD〕

Harmony Cats/Success Sounds/Harmony Cats Theme
(Barclay/1977) ¥5400

数枚のLP/シングルを残すショービズ系女性Voグループの7インチオンリー。”ハーモニー・キャッツのテーマ”と題されたSide-Bは彼女らのスキャットがかぶる出来の良いブレイクトラック。昨今、ブラジル本国のDJ使用率高い1曲です。盤なかなか綺麗。