2/19: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian Lpを紹介します。

お問い合わせは上のContactか、about内のメール・Telから承ります。

明日2/20(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

Avan Samba/Same
(Tapecar/1975) ¥17800

Wilson Mauro制作の初期パゴージバンド。知る限り二枚のLPがありますが、ポップさとファンキーさを併せ持ったこの一枚目は、この手の作品ではなかなか見かけない事も相俟って、世界的に高い人気を誇ります。ホーンリフがカッコイイ疾走感ある「Essa Mulata」、中盤のファンキーなBreakがきまったブライトなSamba-Funk「Conclusao」、コンピにも収録された、イントロのビリンバウとフルートのカウンターラインが効いたSamba-Rock「Ibere」など、ヴァラエティーに富んだトラックが並びます。ジャケ薄いスレ・リングウェア、色抜け。盤なかなかキレイです。

Marcos Valle/Vontade De Rever Voce
(Som Livre/1981) 〔SOLD〕

Luli E Lucina/Amor De Mulher/Yorimata
(Nos La Em Casa/1982) ¥8640

Musicanossa運動に携わったLuliと妹のLucinaのデュオ作2作目。人気の前作に続き、Folk調のシンプルなバックに彼女らの儚げなVo/Scatが乗るBrazilian-Folkの名作です。パーカッションメインのカンドンベ・トラックAloja Yang/Gira Das Ervasもカッコ良い。Gate Hold Cover/初期プレス。ジャケごく薄いスレ・角スレ。インサート薄い汚れ。盤には目立ったスレ等見られず再生良好です。

Carlao/Liberdade Vadia
(Independente/1981) 〔SOLD〕

Joao De Aquino/Asfalto
(Epic/1980) 〔SOLD〕

Beto Scala/Same
(RGE/1976) 〔SOLD〕

Eduardo & Wagner/Same
(Galaxia/1983) ¥4320

Rioの自主レーベルGalaxiaからのBrazilian-Folk作品。仄かにミナスっぽさも感じさせる”A Silhueta”や”Valsa Romantica”始め、英語圏のFolk作品を咀嚼したようなスタイルに、ブラジルらしい簡素で牧歌的な味わいを加えたオブスキュアながらも素晴らしいトラックばかり。ジャケ薄いスレ・汚れ、角スレ等。インサート軽い汚れ。盤なかなかキレイ、再生は良好です。

Ze Carlos Damas/Momento Perfeitos
(RCA/1981) ¥3860

Emilio SantiagoタイプのSamba系MPB歌手のサードLP。彼の中で最も洗練されたモダンな作品です。Adolfo/Luizao/Teo/Oberdao他好メンツ参加。Adolfoのエレピたゆたうサンバ”Madrugada Vidia”あたりも良いですが、全編を覆うAOR的プロダクションのトラックも捨てがたく、当店ではMPBファンはもちろんAORフリークにも人気高い1枚。ジャケ軽いスレ、リングウェア、汚れ。盤には薄いスレのみで、再生なかなか良好です。

Carlos Cachaca/Same
(Continental/1976) ¥3240

1920年代にCartolaらと共に、今日では最も知られたエスコーラ・ヂ・サンバの一つであるMangueiraを設立、彼のソングライターパートナーとして活動した作曲家の単独作としては恐らく唯一のLP。不安定ながらも味わい深い歌声はむしろ暖かく、Cartola同様に評価されてほしい名曲だらけの好LP。Cartolaも1st-LPで吹き込んでいる有名曲Quem Me Ve Sorrindoが素晴らしい。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ。インサート薄い焼け。盤には音に影響ない程度のスレ、盤面には経年感薄く、再生良好です。