9/14: 新入荷商品の紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian LP&7inchを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

週末のご来店、ご質問をお待ちしています。

Copa 7/Sabadá / Copa Sete No Samba
(Top Tape/1978) [SOLD]

Cornelius/Enquanto Houver Amor/Deixa
(Continental/1979) [SOLD]

Brenda/Sabado Que Vem/Quando A Noite Passar
(RCA/1978) [SOLD]

Discocuecas!/E So Dancar
(Isaec/1978) ¥5400

Porto Alegreマイナーのグループによる12inchオンリー。中盤にDisco Breakも入った、いかにもブラジルらしい猥雑なDiscoトラックです。ジャケ薄いスレ、リングウェア、汚れ。盤にはごく薄いスレ程度、再生はなかなか良好です。

Cesar Camargo Mariano/Nelson Ayres/Prisma
(Pointer/1985) [SOLD]

Tema Tres/Same
(Atonal/1966) ¥16200

Ivan LinsのバンドGrupo Modo Livreへの参加など、7~80年代のMPBシーンに確かな足跡を残した名鍵盤奏者Gilson Peranzetta率いるトリオの最初のLP。Rioの名門マイナーAtonalからのリリース。端正なトラックが並び、コアなJazz Bossaファンに人気高い作品です。Gilsonのオリジナル曲となるソリッドな”Tema Tres”、Cesar Marano”Barra Limpa”、Djalma Diasのテイクが人気のBaden”Cidade Vazia”、Walter Santosの”Amanha”など選曲もGood。AT-30006/MONO。ジャケ薄いスレ、汚れ、角折れ等。盤には薄いスレ、ヘアライン程度、盤面にはさほど経年感は見られず、マイナープレス特有の薄いチリスレなどはありますが、当店に過去入荷した同盤ではなかなか悪くない状態のコピーです。

Pery Ribeiro /Pery Muito Mais Bossa
(Odeon/1964) ¥5800

半数程度の曲でEumir Deodatoがアレンジを手がけた64年作。彼のLPの中でも、格段にBossa Novaに接近したサウンドを持っている好内容盤で、是非再評価を望みます。当店では昨今トレンドのAfro Bossa”Berimbau”、”Canto Negro”あたり推します。MOFB3381/MONO/Blueラベル初期プレス。袋ジャケごく薄いスレ、汚れ。盤には薄いスレ、ヘアライン程度、再生はなかなか良好です。