8/3:新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian-LPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、About内のメール・Telから承ります。

週末のご来店、ご質問をお待ちしています。

Meirelles E Os Copa 5/O Som
(Philips/1964) [SOLD]

Sergio Mendes & Bossa Rio/Voce Ainda Nao Ouviu Nada!
(Philips/1964) ¥11880

Jobimアレンジの、ブラジルでの2作目。Edson Machado/Sebastiao Neto/Raulzinho/Ed Maciel、そして”Impacto”のHertor Costita など当時のトップメンツをバックに、前作よりモダンジャズ感を増し、セルメン流Jazz Sambaを極めた傑作です。”Berimbau”や”Consolacao”のフレーズも顔を出す、オリジナル曲”Primitivo”、ハードバップ感濃厚な”Noa… Noa…”や”Neurotico”あたりは必聴。Philips/842.807-PY/Stereo/ペラジャケ初期プレス。ジャケ薄いスレ、汚れ、焼け、取り出し口付近軽い傷み。盤には薄いスレ、ヘアライン程度、再生はなかなか良好です。

Paulinho Tapajos/Same
(RGE/1974) [SOLD]

Agnor De Oliveira/Cabeca
(Independente/83) [SOLD]

Tavinho Bonfa/E Tao Perfeito
(Sigem/1988) [SOLD]

Dirceu Graeser/O Passaro
(K-Tel /1980) ¥6800

60年代にモカンボからリリースされたコンパクト“Te Encontrei/Dim Dim Dim Dim”などで、ブラジルでは著名なジョーヴェン・グアルダシーンの歌手・作曲家Dirceu Graeser。本盤はソウルフルな作品を多くリリースしているK-TelからのLPで、往年の作品を思わせる甘いポップスと、当コーナーの趣旨に該当するサンバ系MPBを収録。特にギターのカッティングとク-ルなホーンアレンジが効いた”ジーゼン”は、ブラジル本国でも評価高いサンバソウル。ジャケ薄いスレ、汚れ、上部軽いウォーターダメージ、裏面書き込み。盤には薄いスレ程度で再生なかなか良好です。