4/13: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、Brazilian LPを紹介します。
お問い合わせは上のContactか、 About内のメール・Telにて承ります。
週末のご来店をお待ちしています。

Paulo Moura Hepteto/Fibra
(Equipe/1971) 〔SOLD〕

Robertinho Silva/Bateria
(Carmo/1983) 〔SOLD〕

Pessoal Do Ceara/Meu Corpo Minha Embalagem Todo Gasto Na Viagem
(Continental/1973) ¥5400

後にソロになるEdnardoが唯一在籍する彼らの 1st-LP。Hareton Salvanini制作、当時のブラジルのヒッピー文化から生み出された、ニュアンスに富んだ素晴らしいトラックが揃った彼らの最高傑作です。Haretonの”S.P.73″を想起させる、中盤Groovyに展開する”Beira Mar”、Novos Baianosに近いブライトなGroovy Rock”Palmas Pra Dar Olhos”、Fagnerとの共演となるポップな”Cavalo Ferro”、儚くも美しいモダンフォークロック”Curta Metragem”など収録。Continental/SLP10094/Gate Hold Cover/コーティング初期プレス/Stereo。ジャケすれ、汚れ、取り出し口傷み、裏面小さめのシール添付。盤には薄いスレ程度、瞬間的なパチノイズが出る箇所もありますが、再生はまずまず良好です。

Marinho Gallera & Paulo Vitola Onze Canto
(Independente/1979) ¥6480

クリチバマイナーのSSWデュオ79年作。有名なメンツは一切参加していませんが、洗練された歌ものが並ぶ素晴らしいMPB作品です。SSW〜AORファンにもいけそうな、エレピたゆたうメロウな”Noturno”がベストトラック?ジャケ軽いスレ、焼け、汚れ等。インナー薄いシワ、汚れ。盤には薄いスレ程度。

Ney Matogrosso/Mato Grosso
(Ariola/1982) 〔SOLD〕

Duo Fenix/Same
(RCA/1988) ¥2800

Delia FischerとClaudio Dauelsbergによる男女鍵盤奏者のデュオ88年の1st。白玉系シンセが浮遊感かもす、アンビエント風味ある”Fenix”、アコピをフィーチャーした深淵かつ美しい”Valsa Perdida”あたり素晴らしいです。ブラジル盤。ジャケ薄いすれ。盤には薄いすれ程度、再生はなかなか良好です。