4/10: 新入荷LPの紹介です。

新入荷商品の中から、各ジャンルピックアップして紹介します。

お問い合わせは上のContactか、About内のメール・telから承ります。

明日4/11(水)は定休日につきお休みを頂きます。
木曜以降のご来店、ご質問をお待ちしています。

劉美君(Prudence Liew)/赤裸感覺
(Current Records/1990)[SOLD]

清水靖晃/富樫春生…etc…・China Baby In My Arms….. ryoichi hattori songs
(Columbia/1984) 〔SOLD〕

センス・オブ・ワンダー/シンフォビート
(Air/1987) ¥2160

難波弘之率いるセンス・オブ・ワンダー、87年のデビュー作。ドキュメンタリー番組のテーマ曲に起用された”オープソニター”で知られるLPですが、Popさと浮遊感を併せ持つ”Rain”、難波のプログレ趣味濃厚な、深淵かつ幻想的な”Moon Water”あたりはさらに良いです。帯&ジャケ薄いすれ、汚れ。ライナーごく薄い汚れ。盤キレイです。

Playgroup/Epic Sound Battles Chapter Two
(On-U Sound/1983) [SOLD]

Daniel Lanois/Acadie
(Opal/Warner/1989) [SOLD]

John Villemonte/Clear & Velvet
(No Label/1980) ¥4860

1st-LP”People Like You”が人気高いウィスコンシン州のSSWの80年作で、本作がおそらく3枚目の作品です。ソロ作があるJohn Nazarencoなどが参加、1stのインティミットで幻想的な味わいに、Nazarenco作品に近似値な、ジャジーな洗練を加えた本作も必聴です。ジャケシュリンク、ノーカット。インナー小さめの切れ、薄い焼け、盤には薄いスレ程度で、再生はなかなか良好です。

Dom Um Romao/Same
(Muse/1974) ¥4800

Philipsからの最初のソロ作をはじめ、Jazz Bossa/Bossa Nova重要作品に参加したブラジル時代を経て、渡米後はWeather Report始め、数多のJazz/Fusionセッションで重用されたブラジル人打楽器奏者のUSでの1st-LP。Donato/Dom SalvadorやSivucaなどブラジル勢、Lloyd Mcneil/Mairicio Smithなどリーダー作も人気高い一癖あるメンツが大挙して参加したPre Crossover Fusion作品。ブラジル時代を彷彿とさせるJazz Sambaを展開するEdu Lobo”Ponteio”、Hermeto直系の北東部マナー濃厚なMilton Nascimento”Cinnamon Flower”、得意の打楽器トライヴァル”Braun-Brek-Bru”、そしてDom Salvadorに捧げたスペイシーで幻想的な”Dom’s Tune”など収録、ヴァーサイタルな名作です。US盤。ジャケシュリンク、ノーカット、取り出し口ごく薄いすれ。盤には音に影響ない程度の紙スレ程度で再生良好です。

Woods Empire/Universal Love
(Tabu/1981) [SOLD]

Loose End/In The Sky
(Virgin/1982) ¥2980

Mid〜Late80’sに成功をおさめたUKのR&BグループLoose Endsが、初期のLoose End名義時代に出した最初の12inch。Real ThingのChris&Eddie Amooプロデュースで、Loose Ends時代よりオーガニックな生感重視のサウンドメイクで、未だ人気高いシングルです。UK盤。ジャケ薄いすれ、シワ。内側に汚れ、小さめのテープ跡。盤にはごく薄いヘアラインのみで再生良好です。